そこはもうローマ!イタリアン「Sabatini Ristorante Italiano」尖沙咀

2019/07/24

é ê^title私事、以前バンコクに住んでいた頃に美味しいと評判のイタリアンには何度か行ったことがあるのだが、日本では一度もイタリアンに行ったことないよなぁ、記憶が正しければ。そんな私が香港は尖沙咀にあるイタリアンの名店「Sabatini Ristorante Italiano」に行くことに。

目指すお店は尖沙咀駅から徒歩数分、Tha Royal Gardenの3階にある。Tha Royal Gardenに到着し、エスカレーターで3階まで上がったはいいのだけれど吹き抜けオープンテラスを模したレストランが見えるだけ、ネットで見たお店とずいぶん雰囲気が違う。やばい、場所間違えたかも……。連れに動揺を悟られないよう、そのレストランのスタッフに尋ねたら、親切にもそこから少し奥まったところにお店の入り口まで案内してくれた。

一歩足を踏み入れると、店内はとてもクラシカルな雰囲気、煉瓦から絵、燭台まで、全てイタリアから直輸入してローマ本店の空間を再現しているのだそう。席まで案内されてメニューを眺めると、週末はビュッフェランチのコースのみ、飲み物のオプションによって3コースの中から選ぶようになっている。私たちはHKD768のいくつかのフルーツジュースとワイン付きのコースを選んだ。

赤ワインで乾杯したのもつかの間、スターターのバーテーブルへ。テーブルにはシーフード、サラダ、生ハムなどが、美しく盛り付けされていてどれを選んだらよいか本気で迷ってしまう。

é ê^1é ê^2私が取り分けた料理はこんな感じ。そこにスタッフの方がキャビアとフランスパンを持ってきてくれたので早速いただいてみる。これ、映画とかでしか見たことないやつだなぁ。キャビアってもっと塩気の強いものしか口にしたことなかったけど今までのあれは何だったのだろう、程よい塩分でフランスパンにとても合う。

Image1続くパスタは、シェアをするので2種類のパスタを用意してくれるようお願いすると気軽に応じてくれた。スタッフの方たちは皆気さくで明るく対応してくれるので好感が持てる。

 

 

é ê^3é ê^4

そしていよいよメインコースへ。私はこの店で評判の炭火で焼きあげたラムチョップを、連れは赤ワインソースのローストビーフを選ぶ。ラムチョップの焼き加減がこれまた絶妙、脂ののりも申し分なしで噛むほどに肉汁がたっぷり口の中に広がる。ローストビーフは赤ワインのソースの仕上がりが何ともいえず肉の味を存分に引き立てる味付け。そしてこのサイズ、写真ではわかりにくいと思うけどかなりのボリューム。とてもおいしゅうございました。

 

 

デザートはというと、食欲に勝てなかった二人はメインコースまでに満腹になりいただきませんでした。食レポとしては失格ですね。写真のみでご勘弁を。

最後に。Claudio Faveroシェフの料理はどれも秀逸です。運ばれる料理ごとにわくわくしながら話もはずみ昼間というのに程よく酔いを感じる素敵な週末。次回は恋人と来ることにしよう。


 

é ê^infoSabatini Ristorante Italiano

住所:3/F., The Royal Garden, 69 Mody Rd., TST East
電話:(852)2733-2000
時間:毎日 12:00~14:30、18:00~23:00
ブランチ 土日祝 12:00~15:00
メール:[email protected]

 

 

Pocket
LINEで送る