イタリアンレストラン「Theo Mistral by Theo Randall」尖沙咀東にオープン

2018/03/27

尖沙咀東(チムサーチョイイースト)と言えばオフィスやホテルが多く立ち並び、多くの観光客やビジネスマンで賑わっている。そんな立地にあるインターコンチネンタル・グランド・スタンフォードホテルは日本人にも定評のあるホテル。そんな同ホテル内に伝統的なイタリア料理にコンテンポラリーな要素を加えたイタリア料理を提供するレストラン「Theo Mistral by Theo Randall」が新しくオープンした。同店は、イギリスンのセレブシェフTheo Randall氏の海外発の店舗。

6セレブシェフの Theo Randall 氏

彼は、ロンドンにある有名レストランの「The River Café」の共同経営者でもあり、ヘッドシェフを17年以上務め、ロンドンのレストランシーンに大きな影響を与えた先導者でもある。今や世界的にも有名なセレブシェフ、ジェイミー・オリバーやエープリル・ブルームフィールドも彼の下で修行したといえば彼の偉大さを理解できるだろう。

同店は、落ち着いた温かみのある雰囲気が魅力でイタリアの家庭の温かみを感じさせてくれる。メニューには、訪れる人が料理を楽しんでまた来たいと思わせくれる料理が多く並ぶ。新鮮なイカに唐辛子、アンチョビ、オリーブオイル、パセリとともに炒めてひよこ豆とロケットサラダの上に乗せた「Calamari in paella」は、シーフード好きなにおススメ。ワインにもぴったりで食欲を掻き立てってくれる。

1店の人気パスタ「Cappelletti di vitello」

1オーダーが入ってから焼く「Margherita」

1シェフの鉄板デザート 「Torta morbida al cioccolato」

同店自慢の自家製の生パスタを利用したパスタ料理はオススメメニュー。その中でもシェフが一押しするのがロンドンの店舗でも大人気の「Cappelletti di
vitello」。大振りの貝殻の形をしたコンキッリェパスタを茹でたものにビール(子牛の肉)をスロークックしたものとベーコンを詰めてポルチーニマッシュルームソースを合わせた料理は味わい深い一品。季節野菜を詰めたラビオリ「Mixed Green Ravioli」はベジタリアンでも楽しめるメニュー。伝統的なマルガリータピザにルッコラをトッピングした「Margherita」は大人も子供も大好きな味。

1ベジタリアンも十分満足できる 「Mixed Green Ravioli」

食事の締めくくりには、Theo Randall氏の鉄板デザート「Tortamorbida al cioccolato」をオーダーしよう。グルテンフリーのソフトチョコレートケーキにマスカポーネクリームを添えて、バニラとイタリアのシチリア産のデザートワインのマサラをかけた一品。口当たり柔らかい食感のケーキと甘さ控えめのチョコとバニラ、ワインが絶妙に癒合した味。その他、酸味と甘さが絶妙な「Amalfi Lemon Tart」もおススメ。

Theo Mistral by Theo Randall
住所:B/2, InterContinental Grand Stanford Hong Kong,70 Mody Rd., TST
電話:(852)2731-2870
時間:ランチ12:00 – 15:00、ディナー18:30 – 23:00
ウェブ:www.hongkong.intercontinental.com/en/hotel-restaurant-and-bar/theomistra

Takasima

Pocket
LINEで送る