尖沙咀の韓国料理店「Ssal Bori Ssal Makgeolli Restaurant」

2018/02/20

16種類のマッコリが一度に味わえる 「Makgeolli Platter」

尖沙咀(チムサーチョイ)と言えば韓国の食品店や料理店、バーなどが数多く軒を連ね、通称「香港の韓国人エリア」とも呼ばれている。高級レストランよりもカジュアルなので気軽に立ち寄れるお店が多い。そんな韓国のお店が多く立ち並ぶエリアのKimberly Road(キンバリーロード)に、種類豊富なマッコリと伝統的なおつまみをメインにしたマッコリバー&レストラン「Ssal Bori Ssal Makgeolli Restaurant」がオープンした。

2種類豊富なチジミの盛り合わせ 「Pancake Platter」

3新感覚な味を味わえる 「Samgye Fried Chicken」

マッコリと言えば韓国を代表する伝統酒で醸造酒の一つ。米と麦麹を合わせて発酵させ、できたもろみを粗ごしたもの。甘味があって飲みやすく、特に女性を中心に根強い人気を誇る。韓国では、定番の物からちょっと珍しいものまで3000種類と味もスタイルも豊富に取り揃えている。マッコリバーはとても人気で注目を集めている。しかし香港にある韓国レストランで取り扱っている、またはお店で購入できるマッコリはどれも同じもの。そこで同店のオーナーは、韓国で数多くの醸造所を訪れ、その中から7つの醸造所と独占契約を結び、香港で初となるマッコリバー&レストランをオープン。香港では、同店とグループ店でしか味わえない特別なマッコリ。

4寒い時期にぴったりな 「Spicy Pork Stew」

6カルビ、リブアイ肉、 サーロイン肉の3種を 同時に味わえる「Triple Beef Ssa」

マッコリは新鮮な味で飲めるのは、90日。同店では韓国から新鮮なマッコリを取り寄せ、他では味わえない新鮮でユニークな味を用意。通常のものは、アルコール度は5~6度と軽い口当たりで飲みやすいのが特徴だが、同店では、アルコール度10~12度と甘さ控えめ、まるで日本酒を思い浮かばせてくれる味の強めのマッコリや甘さ控えめの強めのマッコリ、微炭酸のシャンパングラスで飲む進化型のマッコリも用意。また、異なるマッコリを試したいなら6種のマッコリとスナックがセットになった「Makgeolli Platter」を試してみよう。

5同店でしか味わえないマッコリの数々

フードメニューにはマッコリがすすむ心温まる料理が多く揃う。今回は新しく加わった新メニューを紹介する。日本では小麦粉で作る生地ベースにいろんな具をトッピングしたチヂミ。海鮮やキムチ、ニラをトッピングしたものが代表的だ。同店では、キムチ、ニラ、ゴボウ、豆、エビ、ピーマンの6種類のトッピングのチヂミの盛り合わせ「Pancake Platter」を用意。大勢でシェアして食べたい。体に優しいと人気の近国の伝統スープのサムゲダン「人参鶏」とモダンで近年人気を博した韓国フライドチキン「KFC」を融合した「Samgye Fried Chicken」は新感覚な味。鶏肉はとても柔らかく、もち米には人参の味がしっかり染み込んでいて、両方の良い味を保ちつつ絶妙な味のバランスを作り出している。朝鮮半島南西端の地方郷土料理の豚のリブ肉の煮込み「Spicy Pork Stew」は長時間煮込まれたお肉なので、柔らかくて味わい深く、ご飯が欲しくなる一品。寒い時期にぴったり。

さあ、さっそく韓国の伝統酒のマッコリとおいしい料理を味わいに行こう!

Ssal Bori Ssal Makgeolli Restaurant
住所:Shop B, Brilliant Court, 78 Kimberly Rd., TST
電話:(852)2736-8444
時間:ランチ(12:00~15:00)、ディナー(17:30~23:30)
フェイスブック:SSAL BORI SSAL

Takasima

Pocket
LINEで送る