マリリンのぶらグル巡り Vol.25

2018/01/16

豪快に焼いた肉を、ワイルドに食らいつく!
カリフォルニアンBBQ&クラフトビール

カリフォルニアスタイルのバーベキューと地元(香港)のクラフトビールをメインとした新感覚レストランが数多くの人気グルメスポットのSOHO(ソーホー)にオープンした。お肉とビールの最強コンビを味わうことができるというので、肉好きやビール好きには注目のお店。同店はSOHOの「12,000 FRANCS」やランタオ島の「Bathers」、そしてエレメントの「Madam Sʼate」を展開する飲食グループWoolly Pig Hong ,Kongの新店。エグゼクティブシェフのConor氏は、同氏の故郷アメリカの食文化、BBQにラテンのスタイルを取り入れたコンテンポラリーなカリフォルニアスタイルのBBQを提供する。

1エグゼクティブシェフの Conor氏

店名にもなった「Big Sur(ビッグ・サー)」は、サンフランシスコから約240㎞南、ロサンゼルスからおよそ480km北の道路沿いに広がる海岸。その美しい絶景から、数多くの芸術家たちに愛された場所。そして著名人やセレブ達にも愛され、過去に数多くのカップルが挙式を挙げた場所でもある。そんな陸翔海のドラマチックなまでの出会いからなる、美しいビック・サーを思い浮かばせてくれる解放的な雰囲気の中、カジュアルに気軽に立ち寄れる同店だ。

5バーの雰囲気

2

炭火焼でグリルしたエビをトッピングした「Baja Tacos with grilled prawns」

さっそく同店自慢のメニューを紹介しよう。メニューは一品一品、まるで河岸線を旅しているかのような気分を味わわせてくれる料理が勢ぞろい。まずは、シーフードがたっぷり入った「Baja Tacos」で海の香りを存分に楽しみたい。お肉派には「Big Sur-zio」、自家製のソーセージに炭火焼のカリフォルニア産ストリプローインや「サンタマリアポークバーガー」はがっつり食べれるメニュー。炭火の香りが食欲をそそる鱸を一匹丸ごとグリルした「Whole Barbecue Sea bass」は大人数でシェアして食べたい一品。

3ボリュームたっぷりの「California Burger」

43種のお肉を豪快に盛った 「Big Sur Mixed BBQ Plate 」

食事の締めくくりには、チョコレートケーキの生地を鉄板で焼いて、チョコレートにグレーズをかけクルミをトッピングした「Texas Grazed Cake(テキサス・グレーズドケーキ」。濃厚さが愛されるクランブルレ「Crème Brule Waffle with homemade coconut ice cream」は、自家製のワッフルとココナツアイスを添えて。アメリカのデザートの王道のアップルパイ「Baked Apple Crisp with cinnamon and oat meal topping」はサクサクとした食感とシナモンの香りが魅力。

ビールには、14種類の香港ブランド「Young Master Brewery」のクラフトビールの「Young Master」をドラフトで用意。「Young Master Brewery」は、カリフォルニアを語る上で文化や食文化への影響を味で伝えているので、同店のコンセプトと絶妙にマッチしている。ビールの他、タブで楽しめるジントニックも。

カリフォルニアの海辺の雰囲気を感じさせてくれる同店で豪快にバーベキューとビールを楽しみに出かけよう。

Big Sur
住所:G/F., 22 Staunton St.,Soho, Central
電話:(852)2529-3001
時間:8:00~深夜
ウェブ:www.bigsur.com.hk

Takasima

Pocket
LINEで送る