Flight Club Grab n’Go

2017/12/12

1モロッコス風チキンサンドイッチ

1ブロッコリーサラダ

香港国際空港はベストエアポート賞でも上位にランクインし、世界でも有数のハブ空港として知られる空港の一つ。1日の乗客者数は世界3位の規模を誇る。そんな同空港で、フライトまでの時間をゆっくり過ごすことができる各航空会社のラウンジは、旅行者にとってはうれしい空間だ。しかしラウンジは、ビジネスクラス以上の乗客やマイレージのプレミアム会員メンバーでなければ利用することができない。出発までの間、快適に過ごせればその後の旅も良いものになることだろう。しかし、エコノミー客や、近年多くの人が利用するLCC利用者がゆっくりくつろげる場所を探すのは困難。

そこでおススメしたいのが、搭乗クラスに関係なく空港を利用する人ではあれば誰でも利用できるラウンジ「プラザ・プレミアム・ラウンジ」。ターミナル1のイーストホール、ウエストホール、ターミナル2の到着階にある。24時間営業で3時間単位の利用が可能。同ラウンジは2016年にはワールド・インディペンデント・エアポート・ラウンジ賞を受賞しており、そのサービスとクオリティには定評がある。

1日替わりのカレー

そんなラウンジでは、シャワーや無料Wi-Fiをはじめドリンク、フードも楽しむことができる。香港のフィッシュボール麺、ワンタン麺など旅の最後に、または帰国後に香港のフードを楽しめるとだけあって人気が高い。そんなラウンジから新たにより健康的な食生活を求める現代人のために地元の旬な食材を使用した欧米スタイルのヘルシーなフードやドリンクを提供する「Flight Club Grab n’Go」がオープン。

1

フードは常に忙しいビジネスマンや旅行者にぴったりのカジュアルコンセプト。メニューには新鮮で栄養たっぷりの食材を取り入れた種類豊富なサラダからスープ、サンドイッチ、ヘルシージュースには、フライト後の疲れた身体にエネルギーを補給してくれる「Charge me up」。グレープフルーツ、パイナップル、レモン、ライム、そしてレモングラスとビタミンCたっぷりで早朝フライトにもぴったりな「The C Booster」。長時間のフライト後の時差ぼけ防止には免疫力を高めてくれるリンゴ、オレンジ、ウコン、しょうがをミックスした「Timeless」。その他バリスタが淹れるおいしいコーヒーやティーも用意。

ラウンジでくつろぎながら楽しむのも良し、テイクアウトして機内で食べるのも良し。機内食や空港内のレストランではなくても健康的なヘルシーンなフードを楽しみたいという人にはうれしい。頻繁な出張の際、これからのホリデーシーズンの際にぜひ利用してみよう。空港での過ごし方が変わり、さらに快適な時間を過ごせること間違いなし。

1Flight Club Grab n’Go
住所:Level 5, Arrival Hall B, Terminal 1, Hong Kong International Airport
電話:(852)2127-4536
時間:7:00~23:00

 

 

 

 

 

Takasima

Pocket
LINEで送る