LAの本場のメキシカン料理を届ける!「11 Westside」

2017/11/21

香港は世界でも有数のグルメ都市としても知られているが、メキシコ料理というと数が限られている。あってもテキサスとメキシコ料理を融合したテックメックスが主流。そんな中、アメリカのロスアンゼルスでカリフォルニアの雰囲気、ライフスタイルに本場のメキシコ料理を融合したカリメックスのお店をフードトラックから始め、その後、ロサンゼルスのダウンタウンに店舗を構えて、大人気のお店にまで成長させた「タコスの王様」のとも呼ばれているメキシコ人シェフEsdras Ochoa氏が、香港でも本場の味を味わってほしいとカリメックス料理を提供するお洒落なレストランをケネディータウンにオープン。

1
エグゼクティブシェフの Esdras Ochoa氏

3
同店自慢のタコスの数々

4000スクエアフィートの広々とした天井の高い店内には、バーが2つ、カジュアルダイニングエリア、ビリヤードルーム、そしてテラス席が設けられており、シャンデリアにはコンクリートの壁、エレガントさとモダンシックをミックスしたスタイリッシュな空間。フレンドリーなサービスと共に温かみも感じさせてくれる同店。食事はもちろん気の合う友人や家族とゆっくりと落ち着いた空間でドリンクやビリヤードを楽しむことができる。

2
アボカド好きにはたまらない「Tableside Guacamole」

4
アボカド好きにはたまらない「Tableside Guacamole」

5
シェフおススメのデザート 「Echo Park Sweet Corn」

メニューで注目したいのは同店自慢のタコス。すべてのタコスには同店で毎日焼くトウモロコシのトルティーヤを使用。パイナップルとローストポークを挟んだ「Al Pastor Taco」、ガーリックスイートシトラスグリルチキンを挟んだ「Pollo Asado」、そしてUSAプライムショートリブをポン酢で味付けした「Carne Asada」はベーシックなタコスにアレンジを効かせタコスをドレスアップ。エビ、カニ、マッシュドポテトを挟み、トマトサルサやアボカド、そしてパクチーをトッピングした「East LA Seaside Taco」はシーフードをたっぷり使用した新感覚のタコス。アボカド好きは忘れずにオーダーしたい「Tableside Guacamole」は、新鮮なアボカドとその他の調味料を目の前で混ぜ合わせ新鮮で出来立ての味を楽しめる。お好みで調節も可能だが、最初はせっかくだからスタッフに任せて作ってもらおう。

香港とメキシコの味をマリアージュした「Echo Park Sweet Corn」は、ベイビースイートコーンをバターや自家製マヨネーズ、短期熟成のリコッタチーズのようなケソ・アニェッホにパクチー、ライムで味付けし、香港とメキシコの味をマリアージュ。その他、タコスだけではなくがっつり食べたいという人には、シェアして食べるのにピッタリなUSAハンガープライムステーキがおススメ。まずは、お肉をそのまま味わい、次には自家製サルサ、グリル野菜、そしてトルティーヤにカットしたお肉とグリル野菜、サルサを包んでお肉を2度楽しもう。

さあ、さっそく香港ではなかなか味わえない本場のメキシコ料理を味わいに出かけよう。

11 Westside
住所:1/F, The Hudson, 11 Davis Street, Kennedy Town
電話:(852)3996-7754
時間:16:00 ~23:00
フェイスブック:11Westside
Takasima

Pocket
LINEで送る