西営盤のレストラン、Krua Walaiphanで美味しいタイ料理を

2017/10/24

「Krua Walaiphan」では上環(シェンワン)の名店、「Chachawan」でシェフとして働いていた、Walaiphan Hanyut氏とRenee Dancel氏が生み出すハイクオリティのタイ料理を提供している。

Gaeng Kiew Wan (Thai green curry)

Gaeng Ped (Thai Red Curry)

店内はセミオープンタイプのキッチンと簡素なインテリアでカジュアルな印象。

Som Tum

酸っぱ辛いドレッシングにタマネギ、コショウ、パクチー、ミント、豚ひき肉を味付けし、レタスカップに入れた“Lap Moo“はしつこすぎず、新鮮なハーブが料理の味を引き立てる。青パパイヤのサラダ、“Som Tum“はフレッシュなパパイヤが使用されていて、好みの辛さでオーダーすることも可能だ。グリーンカレーには、新鮮なバジルとグリーンビーンズ、マクアプオン(タイ原産の豆)が入っていて、リッチでクリーミーなカレーの良いアクセントになっている。これらは香港式のタイ料理では省略されがちな材料だが、作り手の強いこだわりを感じさせる。太麺を醤油味で炒めた“Pad See Ew“は野菜がたっぷり入っていて、米粉でできた麺がべたついていない、見事な仕上がり。その他にも“Stir Fried Chicken with Cashew“など、香港ではあまり見かけない本格的なタイ料理がある。メインのポーションは比較的多めなので、品数を考えながらオーダーするといいだろう。

続々と新しいフードスポットが登場している西営盤(サイインプン)の中でも、ひときわ人気を集めそうなレストラン「Krua Walaiphan」で本格的なタイの味を楽しんでみては。

Krua Walaiphan
住所:G/F., Ko Wang Court, 29 High St., Sai Ying Pun
電話:(852)2804-1555
フェイスブック:kruawalaiphan

Pocket
LINEで送る