セントラルの人気カクテルバー&ダイニング「Lily & Bloom」

2017/09/05

6

ミクソロジストのジョン氏

レストランやバーが軒を連ねる夜の街、中環(セントラル)には常に多くの人たちで賑わいをみせる。その中環のランドマークの一つでもあるLKFタワーには話題のレストランが次々とオープンし、注目を集めている。そんなLKFタワーの5階と6階に2010年にオープン以来、新店に負けることなく人気のある話題のカクテルバー&ダイニング「Lily & Bloom」がある。1990年代のニューヨークのをコンセプトに創られたお洒落で粋なお店。

3
フルーティー味にジンとアブセントでアクセントが効いた「Easy Win」

2
爽やかな口当たりの「Desset Flower」

1
スニーカーズチョコをトッピングした「Snickers Old Fashioned」

5階の「Bloom」は1900年代のアメリカの建築様式をイメージした造りでしっかり食事ができるダイニングバー。そして6階の「Lily」は、1890年代のニューヨークのバーをコンセプトに創られたお洒落かつハイセンスなカクテルバーで、スナックメニューは深夜3時まで提供している。12席のプライベートルームやシガールームもあり、その日の目的によって違う楽しみ方ができる。そんな同店がエグゼクティブシェフのMike氏と新ミクソロジストのJohn氏を新たに迎え入れ、「Lily」のバースナックメニューとカクテルメニューを一新。今回はその新メニューを紹介しよう。

Mini Corn Dog
アメリカの人気スナックの「Mini Corn Dog」

クラシックなカクテルにひねりを効かせ、遊び心も加えたコンテンポラリーな10種のカクテルを用意。その中でもオススメなのが爽やかな口当たりで夏にぴったりな「The Very Old Bow」。イチゴでインヒュースしたジン、新鮮なレモンジュース、アブセントを加えハーブの香りをプラスしたシンプルで爽快感の感じるカクテル。クリーミーなカクテルが好きだという人には、「English Milk Punch」を。1700年代に貴族や高級階級のみが楽しめたというブランデー、ポートワイン、砂糖、シトラス、ミルクを混ぜたカクテル。それを「Lily」流にアレンジし、ラム、コニャック、ポートワイン、アブセント、ジャマイカのリキュール「All spice Dram」とオレンジ、レモンの皮、パイナップルなどの果物で二日間かけてじっくりインヒュースドして仕上げるカクテル。微炭酸で口当たりなめらかかつ深い味わいに加えてアロマの香りが決め手のカクテル。

5新鮮なロブスターの甘さが際立つ「Lobster Roll」

バースナックには、トリュフの香りが癖になる「Parmesan Truffle Fries」。ピリ辛さでお酒がすすむ「Nam Nam Wings」はついついビールに合わせたくなりますが、ここではぜひカクテルと合わせて意外性を楽しんでみよう。しっかりしたスナックを食べたい人には「Lobster Roll」やフォアグラにドライエイジビーフを贅沢に使用した肉汁たっぷりの「Sliders」を。アメリカンスタイルで隠れた人気メニューの「Mini Corn Dog」も忘れずに。さあ、さっそくニューヨークスタイルのオシャレな空間で美味しいカクテルを楽しみにでかけよう。

Lily & Bloom
住所:5/F & 6/F,LKF Tower,33 Wyndham Street,Central
電話:(852)2810-6166
時間:ランチ月~金12:00~15:00、日11:00~16:00
  ディナー月~木18:00~23:00、金土18:00~23:30
  バータイム金曜・土曜23:30~2:30
ウェブ:www.lily-bloom.com

Takasima
マリリン

 

Pocket
LINEで送る