中環(セントラル)ミシュラン七つ星シェフの「Bread Street」

2014/10/13

BREAD STREET Kitchen & Bar

メニュー

「マスターシェフ」や「ヘルズキッチン」など自身の人気テレビ番組で知られている英セレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ(Gordon Ramsey)氏。彼が展開する店はミシュランガイドでこれまでに七つの星を獲得している。そんな彼がイギリスやヨーロッパの料理をテーマにしたカジュアルレストラン「Bread Street」をアジアで初めてセントラル(中環)にオープンした。ラムゼイ氏の店といえば高級レストランのイメージが強いが、同店は気取らない雰囲気で一流の味が楽しめるとあって、イギリスの本店同様、オープン以来大人気となっている。
本店と同じく、香港店も木を基調にしたウェアハウス(倉庫スタイル)で、床の黒と白のタイルがレトロな雰囲気を漂わせている。素朴でシンプルなインテリアに温かみのあるマスタードカラーのソファーや、天井に吊るされたカラフルなランプがアクセントとして添えられている。ビンテージ感があり、シックでスタイリッシュでリラックスして食事が楽しめる空間だ。メニューだけでなくインテリアの細部に至るまで本店と同じなのは、香港にいながら同じ食体験を味わって欲しいというラムゼイ氏の思いが込められている。
多忙なラムゼイ氏に代わってキッチンを仕切るのは、2011年に同氏の海外進出プロジェクトに加わったジャイルズ・ブスケ(Gilles Bosquet)氏。ラムゼイ氏の数々のレストランでエグゼクティブシェフとして活躍し、今回香港店の指揮を任された。
では同店の人気メニューを紹介しよう。まずはイギリス料理の代表で同店定番メニューの「ラム肉のシェパードパイ」。ハーブがしっかり効いていてラム特有の臭みはない。肉汁とトッピングされたマッシュポテトが程よいハーモニーを生み出している。蜂蜜を絡めて焼いた「牛肉のショートリブ」は赤ワインが進む味。メインは本店オープン以来、不動の人気メニューという「ショートリブバーガー」。お肉と一緒にレタス、トマト、モントリーチーズにちょっとピリ辛なシラチャマヨネーズを挟んだもの。肉汁たっぷりのショートリブにピリ辛なマヨネーズとチーズがハンバーガーの味わいを一層深くしている。シェアして食べる際は目の前でカットしてもらおう。サーモンによく似ているオーシャントラウト(ニジマス)のグリルは甘みのあるチョリソソースと合わせると贅沢な味わいに。
メニューは昼夜同じなので予約が比較的取りやすいランチがおススメ。有名シェフの実力を確かめてみよう!

シェフサーモン

BREAD STREET Kitchen & Bar
住所:Mezzanine Level, LKF Hotel, 33 Whyndam St., Central
電話:+852-2230-1800
時間:月~日 12:00~23:00
ウェブ:http://www.diningconcepts.com/show_rest.php?id=699874f6-9b6f-47c2-aaab-e94070452c69
予約:[email protected]

Pocket
LINEで送る