Indoor特集 PartⅦ

2020/05/13

中国の動画サイトあれこれ 优酷 / bilibili / TikTok

家で過ごす時、ほぼ9割の方々が視聴しているであろう、YouTubeなどの動画サイト。
中国にもいくつか独自の動画サイトがあり、中でもショートビデオのTikTokは世界的にも有名になってきた。
あまり馴染みのないものもあるかと思うので、これを機に是非試していただきたい。

 

 

youku1

 

youku2 Youku(优酷网)は動画共有サイト及び動画配信サービス。
 「酷」は中国語で英語の「cool」(かっこいい)の意。
 中国版YouTubeのようなもので、過去には日本でも流行ったので一度は聞いたことがあるかもしれない。
 現在はタオバオやアリペイでおなじみのアリババグループの傘下である。
 中国のトレンドを知りたい人はYouTubeよりもYoukuのほうがより一層知ることができるはずだ。

 


Youku
ウェブ:www.youku.com
言語:中国語(簡体字 / 繁体字)

 

 

bili1

 

bili2 bilibili(i哔哩哔哩)は、中華人民共和国の動画共有サイトおよびビデオ、生放送、ゲーム、写真、ブログ、漫画などのエンターテイメント・コンテンツ。
 日本で言うニコニコ動画のような、画面上にユーザーからのコメントが流れる、弾幕という機能がある。また、ライブ配信などで応援したいクリエイターに”投げ銭”という募金機能(!)もあったりと、エンターテイメントコンテンツはピカ一だ。
 ちなみにこの”ビリビリ”という名称は日本の某漫画の主人公のニックネームからとったとの事。
 ゲームやアニメなど動画だけではないため、サブカル好きな人は要チェック。


bilibili
ウェブ:www.bilibili.com
言語:中国語(簡体字)

 

 

tiktok

 

 TikTok(抖音)は今や日本でもお馴染みだろう。パソコンよりもスマホ向けに作られたサイトであり、ショートムービーの共有プラットフォーム。閲覧だけでなく、ショートムービーなので誰でも簡単に作成/アップロードができ、手軽な操作性がウリだ。
 BGMを多彩なジャンルリストから選択し撮影した動画にBGMを組み合わせて編集、最長60秒のオリジナル動画が作成できる。それを端末に保存も可能、そのままTikTokに公開もできる。
 YouTubeはどこかハードルが高く感じられる点があるが、TikTokならいとも容易く自分の動画をアップロードできる!


TikTok
ウェブ:www.tiktok.com/ja(日本公式ウェブサイト)

Pocket
LINEで送る