VR特集 ~VRって、何?!~ Part 3

2019/08/21

Photo07_VR 一体、何から始めたらいい?!

ここまでご覧いただいて、VRとは何か・VRの魅力・VRの可能性をおわかりいただけたと思います。
そして、きっと「わたしもVRを始めてみたい」と思った方も多いのではないでしょうか。
でも、きっと何から始めていいのかわからない…
そこで、VRの世界を味わうために用意する必要がある機材をご紹介。
これで、あなたも今日からVRを堪能できます!

QWVR機器はどんなものがあるの?

VRを体験するのに必要な、あの頭部に装着する機材…それらを総称して、「ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)」と言います。HMDを装着することで、目の前に大画面が広がり、ゲームや映画などの映像コンテンツにより没入できるデバイス(機器)です。

VR用のHMDは大きく分けて、「VRヘッドセット」「VRヘッドセット(スタンドアローン型)」「VRゴーグル」の3種類があります。対応しているコンテンツや、金額もピンからキリまで~。ご自身の目的や予算に合わせて、デバイス選びをしましょう!

 

 

■ どこで手に入れられるの?

 「PlayStation VR」ならソニーストアなど、公式の店舗やサイトで購入することができます。その他に、VR機器を購入可能な場所をご紹介します。

 

WBroadway(百老滙)

 日本の「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」などとは毛色が異なりますが、香港にも家電量販店は存在します。香港の大手家電量販店の1つ「百老滙(Broadway)」では、HTCのVRヘッドセットを購入することができます。

 

RGolden Computer Arcade(黄金電脳商場)

 香港島最大のコンピューター、および、デジタルプラザ。MTR深水埗(サムスイポー)駅D2出口の目の前にあります。地上階と地下1階のみですが、100を超える店舗があり、様々な新しいコンピューターや電化製品が販売されています。ゲーム機がメインで、PlayStation VRの取り扱いが多いです。

 

TRV車 Sim City(星際城市)

 カメラ本体やレンズ、アクセサリーの中古販売店が集まる「Sim City(星際城市)」。一部の店舗では、VR機器の販売も行なっています。場所は、旺角(モンコック)駅E2出口から徒歩3分程度。

 

HKTVmall・Outlet Express HK(生活百貨城)などのECサイト

 「香港 VR」などと検索すると、様々なECサイトがヒットします。中でも、「HKTVmall」は大手ECサイトで安心感があり、「Outlet Express HK(生活百貨城)」は取り扱いの種類が豊富です。

 

 まだまだ一般的とは言えず、流通もそれほど多くはない、VR機器。ご紹介した場所でも、必ず希望の機種の取り扱いがあるとは限りません。ぜひ事前に、香港版の価格.com「香港格價網(Price.com.hk)」などで検索をして、希望の機種を取り扱っている店舗を調べてみてください。日本の「Amazon」などで購入するという方法もおすすめです!

 

■ 早速、体験してみた!

 百聞は一見にしかず! まずは、体験してみなくては何もわからない! ということで、「MINISO」でVRゴーグルが手に入るという情報を耳にし、行ってみました。

RRR

 

ななななんと、 HKD65で手に入る!!!

早速、購入し、体験してみることに!!!

 

上述のとおり、VRゴーグルは、スマホをディスプレイにするため、まずは、VR用のアプリをダウンロードします。その場にいながら旅行ができたり、現実では不可能な体験ができるコンテンツ、臨場感あるホラーゲームや脱出ゲームなど、様々な種類がありますので、ぜひお好みのアプリを探してみてください。

今回は、映画鑑賞アプリ「Google Spotlight Stories」をダウンロードして、VRの世界を堪能しました。TTTTRT

 慣れないと、どうしても頭を固定してしまいがち…でも、360°楽しめるのがVRのすごいところ~。リアルと同じように、どこを向いても景色があるため、まるで自分がその映画の中にいるような感覚になります。主人公の目線か、それともサブキャラの目線か…好みの目線で映画の世界を味なんて、これまでの映画とは全然違います。

 

VRゴーグル、買ってよかった!!!

そして、今度は、VRヘッドセットが欲しくなってしまうのでした(笑)

Photo06_Photo05_

Pocket
LINEで送る