高速鉄道&港珠澳大橋特集 Part 4

2019/04/30

世界最長の橋がオープン
港珠澳大橋

港珠澳大橋(HZMB)が2018年10月24日に開通した。
橋の開通で何が変わるのか、またどのように利用するのか等、気になる情報をお伝えしよう。

 

【ベイエリアへの貢献】HK Link Road

L04  L02

橋の開通で、香港ー珠海、マカオ間のアクセスは従来の4~5時間からわずか45分へと短縮。珠江河口の東西を直通道路で接続するため、物流、食品、イベントや展示会等、陸運依存型産業の発展が期待される。また珠江デルタの東西間に存在する開発不均衡を是正し、グレーターベイエリアの西側の経済開発を後押しする存在でもある。三都市の連携強化により、ショッピング複合施設、総合リゾート、MICE施設の需要拡大が見込まれる。

 

 

【香港のメリット】

香港は輸出入品の関税が無い自由港であるため、多くの本土製造企業は輸送コスト削減のために原材料を輸入し、香港の倉庫に保管するが、HZMBにより珠海ー香港間の輸送時間、コストが圧縮され、工業界、物流業界の発展を促進する。

 

 

【珠海のメリット】

香港の人々、特に若者は活気あふれる珠海で様々なチャンスに触れ、視野を広げられるはずだ。2つの都市はイノベーションとテクノロジー、文化的観光、クリエイティブ産業、教育や医療サービス等でより密に繋がっていく。珠海で一番大きな外国投資は香港からのもの。香港との陸路、その他中国都市への鉄道網がないという点で、深圳や厦門に遅れをとってきた珠海にとって輸送は常に懸念事項であったが、今後HZMBがそれを大幅に増強する。特にハイエンドの製造業、新興のハイテクノロジー産業、海洋産業、エコアグリカルチャー、中国漢方等の産業への期待度は高い。

 

 

【マカオのメリット】

香港からの観光客増加、香港国際空港との連携強化、カジノ収入やインセンティブの増加、会議や展示会の開催活性化などが期待される。現在カジノの商業店舗の大部分は高級ブランドで占められているが、より広い客層を引きつけるために、ファストファッションブランド含む大衆小売市場へと変化するかもしれない。

 

 

【世界規模のプロジェクト、HZMB】

メインブリッジの鉄塔の重量は約3100トン、橋梁デッキのスチール使用料はエッフェル塔約60棟分の42万トン、ブリッジデッキの総面積はサッカーコート98面分の70万平方メートル、トンネル部分の重さが約8万トン、道路舗装に使われた瀝青材料の量は約10万トンと、数字を挙げただけで計画の壮大さが伝わってくる。工事の過程で水流や風速、波浪といった自然条件や工程オペレーション等技術的な難題が数多くあったが、プロジェクトの最高技術者、LinMing氏とチームは、それらを1つずつクリアしながら、この22.9kmの橋梁区間、6.7kmの海底トンネル、2つの人工島で構成される55kmの橋を作り上げた。

 

 

【HZMBを渡るには】Slide31

手軽なのは、HZMB香港ポートからシャトルバスに乗ること。街中からもポート行きのバスが数多く運行されている。ルート詳細については以下の表、HPを参照。

Capture(690)

 

香港国際空港からであれば、ターミナル1,2からバスに乗るか、タクシーでHZMBの香港ポートへ行ってバスに乗る。または料金が高く予約の手間もあるが、越境可能な個人ドライバーを雇うことも可能だ。また路線は限られるが、市街からマカオのホテルまで”cross-boundarycoach”というサービスなら同一バスで行くこともできる。(但し出入国手続き時は降車が必要)

香港とマカオは中国の一部だが、2都市は異なる法制度で統治されているため、旅行者は乗車前に有効な旅券を到着/出発カードと共にカウンターに提示して手続を行う必要がある。

但し下記を所有している場合、出入国審査時にカード提出は必要ない。

*香港、マカオ間の出入国許可証、もしくは中国当局発行の旅行許可証(越境運転手を除く)
*マカオスマート・パーマネントIDカードを持つマカオ永久居民

 

セキュリティチェックとイミグレーションを通過した後、香港ーマカオ間または香港ー珠海間のシャトルバス、チャーター車に乗ったら、いよいよ出発。

香港ーマカオ間のシャトルバスは24時間運行されており、ピーク時は5分間隔、日中のそれ以外の時間帯は10~15分間隔、夜間は15~30分間隔。チケットは発券カウンターまたは自動券売機で購入し、出発ホールと同じ階から乗車する。

港珠澳大橋シャトルバス 料金
日中 (6:00~23:59) 成人 HKD50、プロモーション価格 HKD33
夜間 (00:00~5:59) 成人 HKD70、プロモーション価格 HKD35

 

到着後に3/Fで有効なパスポートとビザを提示して入国手続きを行い、HZMBでの移動は終了。それでは良い旅を!

Web_HKLR201802-1


Hong Kong-Zhuhai-Macao bridge(Hong Kong section)
Website: https://www.hzmb.gov.hk/en/terminal/about-terminal.html#Brief

HZMB香港ポートまでのバス運営会社
– Citybus (http://www.nwstbus.com.hk)
– Long Win Bus (http://www.lwb.hk)
– New Lantao Bus (http://www.newlantaobus.com)

HZMBバス問い合わせ先
– Hong Kong Guangdong Boundary Crossing Bus Association Limited: (852)2721-4466
– China Hong Kong and Macau Boundary Crossing Bus Association: (852)2782-0738

Pocket
LINEで送る