特集:カメラ特集 Part 2

2018/05/16

一眼レフカメラ&ミラーレスカメラ&コンパクトデジタルカメラ

Canon、Fujifilm、Nikon、Panasonic
近年、スマートフォンは高性能になり、時代の流れに合わせて、スマホカメラも独自の進化を続けている。とてもコンパクトなので持ち運び易く、撮影されたお気に入りの画像はSNS投稿。

時代背景を受けて、大手カメラメーカーもまた、独自の進化を遂げている。一度、「本気」のカメラを握ればスマホ撮影はいらない。彼らが作り上げたカメラはユーザーのニーズに合わせて、様々な高機能機種を取り揃えている。

スマホ撮影だけで満足していた貴方、本気のカメラで人生が変わるような体験を。

キヤノンから新作ミラーレスカメラ「EOS M50」が登場

EOS M50 連EF-M 15-45mm f3.5-6.3 IS STM 鏡頭套裝


キヤノンは今春、レンズ交換式ミラーレスカメラ「EOS M50」を発売した。本機種は新映像エンジンのDIGIC8、AFエリアやAFポイント数などの性能を大幅に向上させた改良型デュアルピクセルCMOSAF(オートフォーカス)と瞳AF、撮影音を抑えるサイレントモード、次世代のCR3 RAWフォーマット等の機能を備える他、サイドビュー・バリアングルLCDモニター、フレキシブルな操作を可能にする電子ビューファインダーをコンパクトなボディに組み込んだモデルとなっている。またUHD4Kでの動画撮影にも対応しており、写真、動画双方を一段階高い撮影レベルまでに引き上げるに十分なスペックを備えている。Wi-Fi、NFC、Bluetoothのワイヤレス接続と、撮影時のスマートフォンへの自動画像転送機能等、様々なワイヤレス操作により、気軽に高画質の撮影を楽しみたいカメラ愛好家から、VLOG(ブログのように動画を撮影して投稿すること)の撮影を趣味にしている方にもぴったりだ。

1

新映像エンジンDIGIC8は、一眼ならではの高画質撮影を提供するだけでなく、サーボAFの追従精度向上させた。本機種は、被写体の2次元情報に加え、追尾対象と背景との間の奥行き情報を利用して、同様の動く被写体または背景と同様の色を有する対象について、更に良好なAF追従性能を発揮する。また、改良型デュアルピクセルCMOSAFはAFエリア拡大と最大143点のAFポイントによって、より速く、より広いピント合わせが可能になり、高い追尾性や
高速連写が実現されている。

操作性はバリアングル液晶モニターとEVFの搭載によって、カメラ初心者でも扱いやすくなっている。そして快適な撮影を可能にする充実した機能を多く内蔵しながらも、ボディは小型かつ軽量。同クラスのミラーレスとしては最軽量クラスのコンパクトボディとなっている。これからの季節の楽しい思い出を、最新型ミラーレスカメラで写真に残してみてはいかがだろうか。

1

 

 

 

Nikon Hong Kongインタビュー
カメラ市場におけるトレンド傾向

カメラ市場における業界トレンド傾向について、香港Nikonセールス&マーケティング本部長のJimmy Wan氏に話を伺った。

IMG_2088

PPW編集部:ソーシャルメディアが急速に拡大すると同時に、スマートフォンが手軽なツールとして普及しています。スマートフォンはデジタルカメラ市場にとって大きな脅威となっているのでしょうか?
ジミー氏:スマートフォンはデジタルカメラほど多機能ではありません。スマートフォンは光が良好な状態かつ動きのない被写体を撮影するのには問題ありませんが、デジタルカメラは動きのある被写体や暗い場所でも高画質で、感覚の鋭い写真家のために優れた機能を提供しています。画質は主にレンズの品質とセンサーのサイズによりますが、デジタルカメラはその両方を兼ね備えています。スマートフォンはスリム設計により機能が制限されているため、大きな脅威とは言えません。

PPW編集部:これからミラーレスはデジタル一眼レフカメラ(以下DSLR)のライバルとなるのに十分な機能を備え、DSLRにとって代わるものになるのでしょうか?
ジミー氏:DLSRとミラーレスの使用者には視点の違いがあり、それぞれ異なる利点があります。ミラーレスはコンパクトで軽量です。ただ、DSLRが長きに渡って主流なフォーマットであったことを考えると、スポーツや野生動物等を撮影するカメラマンは、様々なレンズを選択できるDSLRの使用を継続する傾向にありそうです。最も重要なのは、カメラと撮影オプションをどのように操作する可能性が高いかを検討することです。そうすることで、ニーズに応じてカメラを選択することができます。ニコンの顧客は層が広く、様々なニーズを満たすために、DSLR、ミラーレス、コンパクトデジタルカメラ、また初心者向けDSLRも発表しました。BluetoothやWi-Fiでモバイル機器と接続できるSnapBridgeと呼ばれるアプリも提供しており、ユーザーは簡単に写真をソーシャルメディアにアップロードすることができます。

PPW編集部:顧客に対し、カメラについて理解を深めるサービスを行っていますか?
ジミー氏:ニコンの特徴は高品質の画像です。我々はその技術を製品に注ぎ込んでいます。更に、ニコンの顧客は初心者からプロまでと幅広く、それぞれのニーズを満たすために様々な製品を開発しています。また、ニコンスクールにおいては、初心者あるいは経験豊富な写真家のためのコースを設けています。様々なコースを通じて、ニコンのカメラ機能をご理解いただくことが可能です。

D850_24_120_front34l

PPW編集部:最後に、PPW読者にはどのようなカメラがおすすめでしょうか?
ジミー氏:D850は、最適化された高解像度とハイスピードパフォーマンスの組み合わせにより、風景、スポーツシーン、結婚式等、ありとあらゆるマルチメディアコンテンツに対応し、プロの写真家や愛好家に適しています。更に、D850は、カメラセンサーとレンズの性能を数値で評価しているサイト「DxOMark」で100ポイントを獲得した最初のDSLRであり、「Good Design Award 2017」「iF Design Award 2018」など、様々な賞を受賞しました。

Nikon square logo

 

 

 

 

 

FUJIFILM X シリーズ

これまでのスタイルと、最先端の革新的技術を組み合わせて生まれ「FUJIFILMX」。撮影画像はこれまでにないほどシャープで、富士フィルムの画像処理技術により、豊かな色の再現性を可能にしている。
Xシリーズには、高度な互換性を持つ交換式レンズ、および、固定式レンズのコンパクトカメラなどがラインナップされており、あらゆるスタイルやレベルのカメラ愛好家を満足させる、扱いやすいサイズとクラッシックなルックス、高度な撮影性を兼ね備えている。内蔵されたフィルムシミュレーションと多くの撮影モードは、幅広いクリエイションを可能にし、ほとんどのモデルに搭載されているAPC-CX-Transセンサーの解像度はプロの作業までもサポートしてくれる。

[初心者向け X-A5]

Fujifilm X-A5

24MP APS-CCMOSセンサーと同社のXマウントレンズを使用した低コストのミラーレスカメラ。最大解像度は6000×4000、有効画素数は24メガピクセル。最新のイメージプロセッサーとフェーズ検出AFを追加することで、より円滑な被写体追跡が可能に。

X-A5 Panorama Mode 180

ボディはタッチスクリーンディスプレイとツインコントロールダイヤルを備えたレンジファインダースタイル。最大シャッタースピードは1/4000秒。最大5分間の4K/30pビデオを録画でき、Wi-FiやBluetoothでの写真共有、リモートキャプチャが可能。ブラウン、ピンク、シルバーの3色展開。

[中級者向け X-T2]

X-T2

SLRスタイルのミラーレスカメラで、24MP X-Trans CMOSIIIセンサーと最新の画像プロセッサー(Xプロセッサー・プロ)を搭載している。頑丈なマグネシウム合金のボディが、ほこりや湿気から内蔵部をガード。

ユニークな関節式液晶表示ディスプレイと高解像度の電子ビューファインダーを備えており、325点AFシステムについてもX-T1以来、大幅に改良されている。

X-T2 sample image

最新のACROSを含む、富士フィルムのフィルムシミュレーションモードを搭載している。また、4Kビデオを録画することもできる。性能の向上により、バッテリー寿命は倍になり、バースト速度の向上、シャッタ遅延、停電時間の短縮と、30分の4K録画を可能にしている。黒とグラファイトシルバーの2色展開。

[上級者向け X-E3]

X-E3

AFポイントサイズが変更されたときに様々なモードをアクティブにする、新しい325点AFシステムなど、X-T20の性能の多くを受け継いだ、レンジファインダースタイルのミラーレスカメラ。最新の対象追跡アルゴリズムにより、小型で動きの早い被写体の追跡もスムーズに撮影できる。4K/30pの録画も可能。

X-E3 sample image

タッチスクリーンとジョイスティックが高い操作性を実現。Wi-FiやBluetoothにも対応。最大解像度は6000×4000。シルバー、ブラックの2色展開。

[プロ向けX-Pro2]

X-Pro2

澄んだ青空、生命力溢れる緑の草原、見たものの色彩を美しく再現する、光学ビューファインダー搭載のプレミアムミラーレスカメラ。オートホワイトバランスモードを使い、環境の光による色調を調整するのは簡単だが、屋内と屋外の両方でショット後に正確な色調の撮影をするのは困難になる。

X-Pro2ならフィルムシュミレーションでProvia/Standardにすれば標準的な発色と階調に容易く戻すことができ、風景を鮮やかな色調で撮影できるVelvia/Vividモード、世界最高峰の白黒フィルムの美しさを再現したArcosフィルターなど、その他の色調への変更もカスタム機能ボタンで簡単に操作が可能だ。カラーはブラックのみ。

1

 

 

Panasonic LUMIXシリーズ

LUMIXはポケットサイズからデジタル一眼レフカメラまでを取り揃える、パナソニックのデジタルカメラブランド。多くのモデルがドイツの光学機器メーカーであるライカのレンズを搭載し、日本で生産されている。主に4:3、3:2、16:9の3つのアスペクト比に対応しており、様々なタイプのフォトグラファーのニーズに応えることができる。

[初心者向け DC-ZS70]

TZ90_91_ZS70_k_slant_onISOは80~3200(オート設定も可能)、最大解像度は5184×3888。同社の最新ヴィーナス・エンジン・プロセッサである20.3MP BSIC MOSセンサー、デプス・フロム・デフォーカス・オートフォーカステクノロジー、4K/UHDビデオ録画機能を搭載。画像は新登場の3インチ・タッチスクリーン・ディスプレイ、もしくは0.2インチのエレクトロニック・ビューファインダーで確認、操作できる。Wi-Fi対応。コンパクトなボディで、ブラックとシルバーの2色展開。

[中級者向け DC-GF10]

GF10_KKIT_slant_Pミラーレスカメラの入門機。オレンジ、ピンク、シルバー、ブラックの4色展開。ISOは100~25600、最大解像度は4592×3448。16MP M4/3センサーとDFD AFシステムを搭載し、30pの4Kビデオ録画が可能。インテリジェントオートモードやシーンガイドなどの撮影アシスト機能で、交換レンズシステムのデジカメを初めて使用する人にも安心。頻繁に使用する撮影モードとチャイルドモードにはショートカットダイヤルがあり、モードを選ぶだけで各シーンに最適なパラメータが自動的に適用される。夜景も美しく撮れる他、安定のグリップと広角レンズ、美肌、スリムエフェクト搭載で、セルフィー好きな方にもおすすめ。

[上級者向け DC-GX9]

HGR2_GX9レンジファインダースタイルのミラーレス。ISOは200~25600、最大解像度は5184×3888。20MPの交換レンズマイクロフォーサーズカメラで、センサーは低域通過フィルターは使用しておらず、白黒フィルムファンに嬉しいL/モノクロームDフォトスタイル搭載。EVFは276万ドットで、上方に90度チルトし、液晶モニタは124万ドットで上方に80度、下方に45度チルトする。電磁駆動により、シャッターショックの90%低減に成功。4K/30p/24pのビデオに対応。被写体の動きや人物の顔を検出し、自動でマーカーを設定して決定的瞬間の写真選択の手間を軽減するオートーマーキング機能、パソコンなしに、4Kフォトで撮影した一連の動きから選択した画像を軌跡として1枚に合成することができるシークエンス・コンポジション機能搭載。5軸補正のボディにより、撮影時の揺れを軽減。Wi-Fi、Bluetooth対応。カラーはブラック、シルバーの2色展開。

[プロ向け DC-G9]

G9_LKIT_slant_K

超高速反応で優れたモビリティを誇る、デジタル一眼レンズミラーレスカメラ。低域通過フィルタなしの20.3メガピクセル・デジタルライブMOSセンサーにより、解像度、グラデーション、色の再現性を向上させ、最高の画質を実現。JPEG/RAWフォーマットで80メガピクセル相当の画像を提供する、高解像度モードも追加された。最新のデプス・フロムデフォーカスAFシステム、20.3MPC MOSセンサー、最大6.5段の手ブレ補正効果で安定した撮影が可能。電子シャッター時で約20コマ、シングル・オートフォーカスでは60fpsの連続撮影に対応する。

本体は防塵防水仕様で、タッチスクリーンディスプレイと、見やすく高解像度の電子ビューファインダーを装備。HDMI、マイクとヘッドフォン、フラッシュシンク、USB3.0、有線リモート等各種ポートを有する。2つのSDカードスロットはどちらも高速UHS‒IIメディアをサポート。最大60p/150MbpsでUHD4Kビデオをキャプチャでき、高速モードはフルHDで180fps、4Kでは60fps。6Kまたは4Kの静止画をキャプチャすることも可能。

1

 

Pocket
LINEで送る