特集:香港甜品天国 2

2016/09/20

甜品舗大集合

澳洲牛奶公司 Australia Dairy Company
ジョーダンにある行列のできる茶餐廳
看板メニューの濃厚ミルクプリンがたまらない!

澳洲牛奶公司

ミルクプリンといえば香港定番スイーツのひとつ。そしてミルクプリンファンなら誰でも知っている、至高のミルクプリンを提供するのが香港の有名茶餐廳「澳洲牛奶公司」だ。その人気ぶりは朝の8時にはすでに20~30人の行列ができるほど。特にサービスが良いわけでも、雰囲気がお洒落なわけでもない。それでも多くの人を魅了して止まないのはやっぱりその味!卵白を使った白いミルクプリンは、他にも様々な料理を提供する「澳洲牛奶公司」の看板メニュー。口当たりはまろやかで、一口食べると鼻に突きぬける濃厚なミルクの香りがたまらない。ミルクそのものの味をしっかり感じられる、ほど良い甘さがクセになりそうだ。香港にいるならぜひ行ってみよう!

澳洲牛奶公司

澳洲牛奶公司 Australia Dairy Company
住所:47-49 Parkes St., Jordan
電話:(852) 2730-1356
時間:7:30~23:00

 

潮州合成甜品 Chiu Chow Hop Shing Dessert
優しい味が疲れた身体を癒してくれる
香港人が愛して止まない潮州デザート店

4305847276_c131fc2a40_o 4305847416_3c9fa8e5ab_o4305104359_6c19724249_o 4305104209_9cfefe3aef_o

ちょっと変わったデザートに挑戦してみたい、という人には「潮州合成甜品」がオススメ!同店があるのは九龍城。地元の人や観光客に愛されながら、ベテランオーナーの作る潮州デザート一本でお店を守ってきたという。名物は蓮の実、緑豆、くわいなどが入った「蓮子緑荳邊薏米馬蹄沙」。特に蓮の実は6~8時間もかけて蒸されていて、口に入れた瞬間ほろっと崩れてしまうほどの柔らかい食感がたまらない。ほかにも控えめな甘さが嬉しい「蓮子百合柿餅」や美容によさそうな「雪蛤燉紅蓮」など、味わってみてほしい潮州デザートが盛りだくさん。またスープデザートを食べるなら、ゴマペーストの入った白玉団子(湯丸)の追加もお忘れなく!

潮州合成甜品 Chiu Chow Hop Shing Dessert
住所:9 Lung Kong Rd., Kowloon City
電話:(852) 2383-3026
時間:12:30~25:00

 

沛公甜品 Dessert Playground
ショーケースを眺めるだけでも楽しめる
斬新な創作デザートが人気沸騰中!

沛公甜品 沛公甜品

「沛公甜品」は観光客で賑わう尖沙咀に店を構える人気店。その名の通り、ショーケースには遊び心溢れる色とりどりの斬新スイーツが。看板商品は香港デザートの代表マンゴープリン。上に乗っているマンゴーで作ったバラの花は可愛すぎて食べるのがもったいない。別のマンゴースイーツを求めるなら、特におすすめなのがマンゴータピオカグレープフルーツ。濃厚なタピオカココナッツミルクにマンゴーとグレープフルーツの果肉が加わって、ココナッツの甘みがほど良い爽やかさになっている。お腹に余裕があれば、マンゴーミルクレープやチョコレートケーキも食べてみて。種類が豊富なので大勢で行って少しずつシェアしながら、色々な味を楽しもう!

沛公甜品 Dessert Playground
住所:Shop E, G/F, Rose Mansion, 1 Prat Avenue, TST
電話:(852) 2411-1139

金滿堂甜品 Golden Hall Dessert
可愛い小物やアーティスティックな
飲み物、スイーツが魅力的なお洒落カフェ

金滿堂甜品

身体によさそうな昔ながらのデザートもいいけど、見た目も可愛い最近の新デザートも捨てられない。そんな時にはどっちのデザートも味わえる「金滿堂甜品」へ!店内は連日満員、外にもなかなか途切れることなく行列が。おすすめは九龍城店限定の、エッグホワイトプリンにナタデココと白玉をトッピングした「椰皇燉湯丸」。九龍湾店でも食べられるコーヒーゼリーやマンゴースイーツも同じく絶品。さらには低糖デザートがウリなので、体型を気にしがちな女性も最近太ってきたという男性も気軽に甘いものを食べることができる。深夜営業の多い香港のスイーツ店だが、「金滿堂甜品」もその一つ。九龍城、九龍湾で食事をしたら、デザートはここで決まり!

 

金滿堂甜品

金滿堂甜品 Golden Hall Dessert
〈九龍城店〉
住所:Shop 5,6,9 Shing Nam Rd., Kowloon City
電話:(852) 2383-3102
時間:15:00~26:00
〈九龍湾店〉
住所:Shop G201, Amoy Plaza II, 77 Ngau Tau Kok Rd., Ngau Tau Kwok
電話:(852) 2751-8900
時間:13:00~24:30(日曜から木曜); 13:00~25:00(金曜から土曜)

 

綠林甜品 Luk Lam Dessert
数々の絶品デザートを誇る
創業40年以上の老舗甜品店

綠林甜品

「綠林甜品」は緑と白のレトロな看板が目印。70歳過ぎの兄妹2人で40年以上守り続けてきたというその店は、いつ行っても満席なほどの人気ぶり。創業以来こつこつ増えてきたメニューには今や50種類以上のデザートが。さっぱりとしたものを選ぶなら、香港定番デザート「芒果布甸」を食べてほしい。濃厚なそのマンゴーの味は高級ホテルなどで食べるものにも匹敵するほどの甘さ。またこれからの肌寒い季節、暖かいものを選ぶなら栗のお汁粉「生磨栗子粒露」がおすすめだ。優しい栗の味に、街の喧騒も忘れてほっとしてしまうはず。価格も思わずもう一品と言いたくなってしまうほど安くてオトク。深水埗観光の休憩に一度利用してみよう。

綠林甜品

綠林甜品 Luk Lam Dessert
住所:77-79 Un Chau St., Sham Shui Po
電話:(852) 2361-4205

 

沙田18 Sha Tin 18
どれも美味しそうで選びきれない?
中華料理の後は中華デザートを楽しもう

沙田18

北京ダックの有名な「沙田18」のダイニング。豪華な中華料理を楽しんでお腹が一杯になった後でも、もちろんデザートは別腹。美味しいデザートで楽しいディナータイムを締めくくろう。焼きたてペストリーやロールケーキ、昔ながらのスープデザートにエッグタルト、アイスクリーム……。食べたいものを何でもオーダーすることができる、そんな充実メニューからは色々なデザートを一気に選ぶのがおすすめ。みんなでシェアして食べれば、一つのお店でミニ香港デザート巡りをするのも可能かも?中心街から少し離れた沙田なら、人ごみに巻き込まれることなくゆったり観光も楽しめるはず。香港島や九龍から少し足を伸ばして、新たな香港デザートを求めに行こう!

沙田18

沙田18 Sha Tin 18
住所:4/F, Hyatt Regency Hong Kong, Sha Tin 18 Chak Cheung St., Sha Tin
電話:(852) 3723-1234
時間:11:30~15:00、17:30~22:30

 

聰嫂私房甜品 Cong Sao
香港俳優、劉徳華イチオシ!
散歩のついでに香港フルーツデザートを

聰嫂私房甜品

行列のできる人気デザート店「聰嫂私房甜品」。香港の四天王と呼ばれる俳優の劉徳華が推薦したことでも有名になったそう。店内には達筆でも知られる彼が筆で書いた店名が飾られている。香港デザートを昔ながらのモノと新しいスタイルのモノの2つのカテゴリーに分けるなら、聰嫂私房甜品で食べられるのはカラフルで若者受けしそうな新しいスタイルのデザート。ケーキやプリン、パフェや豆腐花まで、メニューには選ぶのが難しいほど豊富なデザートが並ぶ。日本語も書かれているので、ローカルなお店より入りやすいのも嬉しいポイント。さっぱりしたフルーツデザートが食べたいときにはブラリと寄ってみよう!

聰嫂私房甜品Cong Sao
〈銅鑼湾店〉
住所:G/F, 11 Yiu Wa St., CWB
電話:(852) 2278-2622
時間:12:00~24:30
〈将軍澳店〉
住所:Shop G3-G4, Hau Tak Estate, Tseung Kwan O
電話:(852) 2278-2276
時間:15:00~25:00
〈湾仔店〉
住所:G/F, 21-23 Tai Wong St. East, Wan Chai
電話:(852) 2520-6363

 

龍景軒 Lung King Heen
高級料理店でしか味わえない
上品な香港デザートに酔いしれて

龍景軒

フォーシーズンズホテルに入ったミシュラン3つ星店「龍景軒」。同店で味わえるのはもちろん絶品料理の数々、加えて食事の最後に華を添える上品な味わいのデザートだ。マンゴープリン一つとっても、ローカルとはまた違った洗練された味と食感が楽しめる。冷たいマンゴープリンにはサゴクリームがたっぷりかけられ、トッピングされたグレープフルーツがマンゴーの甘さを控えめに。フルーツのマンゴーと一緒に食べれば、口いっぱいに濃厚なマンゴーの香りが広がって、最後まで優雅なデザートタイムを楽しめること間違いなし。ローカルデザートに目が向きがちな香港スイーツ巡りでも、たまには高級ホテルで贅沢に美味しいデザートを頬張ってみるのもいいかも!

龍景軒

龍景軒 Lung King Heen
住所:Podium 4, Four Seasons Hotel, 8 Finance St, Central
電話:(852) 3196-8880
時間:12:00~14:30、18:00~22:30

 

公和荳品廠 Kung Wo Dou Bun Chong
愛され続けて120年
豆腐花の変わらない甘さを味わって

公和荳品廠

深水埗にある「公和荳品廠」はなんと創業120年という老舗豆腐専門店。年季の入った雰囲気のそのお店は露店の多い北河街ではつい見落としてしまいそう。看板を頼りに店に着いたら、壁にかかったメニューからさっそく注文。まずは冷たくて美味しい豆乳でひと息ついて、同店へ来たら外せない伝統的な豆腐花を味わおう。大きな
壺からすくって出されるそのデザートは文字通りプルンプルン。黄色い砂糖をかけて食べればさらに美味しくいただける。そんな昔ながらの優しい味に加えて、驚きの
安さが同店のウリ。一度行けば若者からもお年寄りからも長く愛される理由がわかるはず。地元の人に混じりながら長い歴史を持った香港デザートを楽しもう。

公和荳品廠

公和荳品廠 Kung Wo Dou Bun Chong
住所:G/F, 118 Pei Ho St., Sham Shui Po
電話:(852) 2386-6871
時間:7:00~21:00

 

媽咪雞蛋仔 Mammy Pancake
バターの甘い香りに誘われて
街歩きのお供にエッグワッフルを頬張ろう

媽咪雞蛋仔

人の行き交う香港の街、時々漂ってくる甘い香りの正体は、食べ歩きにちょうど良いエッグワッフル。エッグワッフルができたのは1950年代頃のこと。食品などを扱う雑貨店が割れた卵を無駄にしないよう、小麦粉、バターを加えて作ったのが始まりだとか。香港にある媽咪雞蛋仔はそんなエッグワッフルの専門店。さっと焼き上げ、扇風機の風で乾燥させて約5分。できあがるのは外はサクサク、中はフワフワな同店自慢のワッフル。人気の秘密は昔から守られてきた懐かしの味。最近はちょっとアレンジも加えて栗やサツマイモ、抹茶やチョコ味といった新フレーバーもぞくぞく登場。香港内に5店舗もあるので、街を歩いていて見かけたら一度買い食いしてみては?

文:Liang Fung Kwan, Anna

媽咪雞蛋仔 Mammy Pancake
〈旺角店〉
住所:Shop G23, G/F., Young City Zone, 1 Kwong Wa St., Mong Kok
〈紅磡店〉
住所:Shop K1B, G/F., 36 Man Tai St., Hung Hom
〈銅鑼湾店〉
住所:Shop 17, G/F., Leishun Court, 1-5 Haven St., CWB
〈尖沙咀店〉
住所:G/F., Carnarvon Mansion, 8-12 Carnarvon Rd., TST
〈沙田店〉
住所:Shop 277-278, 2/F., Wo Che Plaza, 3 Tak Hau St., Sha Tin

 

ちょっと番 外スイーツ
堂島ロール baby Mon cher
愛らしいキャラクターケーキもオススメ!
「ベビーモンシェール」の絶品ロールケーキ

堂島ロール baby Mon cher

北海道産の新鮮な牛乳をたっぷり使ったオリジナルクリームを、きめの細かいスポンジでたっぷりくるんだ「堂島ロール」が有名な「baby Mon cher」。シンプルなつくりのロールケーキなのに、濃厚でコクのあるオリジナルクリームは決して重くなく、ふわふわのスポンジとの絶妙なバランスの贅沢な味わいにファンも多い。でも、もし同店に足を運んだなら、キャラクターケーキを是非食べてみて!堂島ロールを土台に、口溶けのよい、チョコレートやミルク、爽やかな酸味のラズベリーのムースを使用したキャラクターのデコレーションがのっている。ハローキティーやマイメロディーの顔が可愛すぎて、食べるのがもったいないほどだ。

堂島ロール 堂島ロール 堂島ロール 堂島ロール

そのほか、フレッシュフルーツや抹茶を使用したものなどバラエティ豊かなスイーツも提供している同店。現在、ガーリーなインテリアのカフェが併設されている銅鑼
湾(コーズウェイベイ)のそごう、そして旺角(モンコック)のランガムプレイスに次ぐ香港内3店目を紅磡(ホンハム)に開店準備中だ。あなたも、誰もが「女の子」に戻るガーリーなケーキが運んでくる幸せなひと時を味わって。

堂島ロール 堂島ロール

baby Mon cher (Hung Hom Branch)
住所:Shop 4B, Basement, Site 5 & 6, Aeon Style, Hung Hom
電話:(852)2806-8876

Pocket
LINEで送る