特集:行ってみようよ!深圳 3

2016/09/05

深圳の夜を遊びつくそう!

レストラン、バー、寛ぎスポット
深圳遊・おとな編

エネルギーに溢れ、何かと慌ただしい深圳の街。買い物や出張など、訪れる理由は様々でも、灯点し時ともなれば「お腹が空いた」「一杯やりたい」思うのは誰でも同じ。夜の深圳にはそんな気持ちに応えてくれるナイトスポットも充実している。深圳に不慣れな「初心者」や、女性でも安心して楽しめるナイトスポットの数々を紹介しよう。

 

南山 海上世界の2軒目にもグッド!  特製カクテルが充実の日本式ダイニングバー

龍の酒場

龍の酒場 龍の酒場 龍の酒場

「龍の酒場」は、深圳蛇口の海上世界駅A出口すぐにある、日本料理を中心としたダイニングバー。オープンしたのは2015年7月で、つい最近1周年を迎えたばかりのまだ新しい店だ。店内はお洒落な雰囲気もさることながら、日本語対応可能でサービス精神旺盛なスタッフも多く、居心地も良くゆったりできる。料理も毎日新鮮な食材を市場から直接仕入れて調理をしており、有名日本料理店で長年修行した料理長が腕を振るっているので、舌の肥えた日本人も納得の味だ。値段も良心的で、コストパフォーマンスは高い。おススメは、「オーストラリア和牛ステーキ」178元。また、お酒の種類もお好みに合わせて60種類以上から選べるが、特に挑戦してみてほしいのがカクテル。日本人のバーテンダーがいるので、その日の気分に合わせて気軽にオリジナルカクテルをオーダーできる。気になるカクテルの値段は50元~。ランチやディナーなどに家族や友人、会社の同僚などと訪れるのもいいが、お店は24:30まで開いているので、二軒目にゆっくり一人で落ち着きたい時などに、ぜひカウンターBARとして利用してみてはいかがだろうか。

龍の酒場

龍の酒場
住所:深圳市南山区蛇口海上世界A区
電話:(86)755-2161-7035
時間:月~金 ランチ11:30~14:00 ディナー17:30~24:30; 土・日・祝日 11:00~24:30

 

色々なゲームのラインナップが充実!  一人で行っても楽しめる
F2°(エフツー)

F2°(エフツー)

F2°は羅湖地区にあるガールズバー。地下鉄国貿駅B出口より徒歩約5分、日本料理店が多く集まる「夢楽園美食城」の一角にある。深夜2時まで営業しており、2軒目としてはもちろん、うっかりで香港に帰りそびれた方(!)にも是非ともおススメしたいバーだ。名前の由来は日本の人気少女漫画「花より男子」に登場する男子四人組グループ「F4」からもじって、付けられたという。店の広さはカウンターが12席、5つのテーブルがある。女性スタッフは現在6名在籍。日本語対応なスタッフも多く、また英語対応可能なスタッフもいる為、時には欧米人の客も訪れるとか。チャージは150元~。カクテルも10種類以上から選べ、各種ウイスキーも豊富に揃っている。カクテルの価格は55元~。店内にはダーツもあり、最近は五目並べやジェンガ、中国の王様ゲーム的なもの(?)も用意され、ゲームのラインナップが充実してきた。仲間と行っても、もちろん一人で行っても、スタッフと一緒にきっと楽しいひとときを過ごせるはず。

F2°(エフツー) F2°(エフツー)

F2°(エフツー)
住所:深圳市羅湖区国貿商業大廈2楼夢楽園美食城226号商舗
電話:(86)185-7678-1660、 (86)134-1875-6190
時間:19:30~26:00

東京・恵比寿の〝伝説の味〞に深圳で出会える!  良心的価格設定で深夜まで営業も嬉しい

口悦拉面(口悦ラーメン)

口悦拉面 口悦拉面

南山区・深圳大学近くの屋台街「桂廟新村」にある1号店、南山区・南山大道にある2号店。どちらもカウンターメインの日本式屋台をイメージした内装で入りやすい。同店では、鶏がらとゲンコツで丹念にとったスープが自慢のラーメンを注文したい。オーナーの柳さんは、2013年に閉店した東京・恵比寿の伝説のラーメン店「香月(かづき)」のレシピを買取り、この地でその味を再現させた。「香月」といえば背脂チャッチャ系の元祖として大流行し、一大旋風を巻き起こしたことも記憶に新しい。コッテリ系とは一線を画したあのラーメンを懐かしく思う方も多いはず。オススメの味噌味をはじめ、とんこつ、醤油と定番のメニューはどれも28元~という驚きの価格。「美味しい、サービス、安全」をモットーに南山区で7店舗の開業を予定している。ビールや酒類も豊富なのでチャーシュー盛りなどのサイドメニューをつまみに屋台の雰囲気を味わいながらゆっくり飲むもよし、飲み会後に〆の1杯を求めて来店するもよし、深夜3時まで営業しているので様々なシチュエーションで利用できる。

口悦拉面

口悦拉面1号店
住所:深圳市南山区桂庙新村35-1-29(桂庙学府城商业街)
電話:(86)755-8654-4342
時間:11:00~14:30、17:00~26:00

口悦拉面2号店
住所:深圳市南山区南山大道2017-5
電話:(86)755-2656-6785
時間:11:00~14:30、17:00~26:00

 

こぢんまりと落ち着いた雰囲気  ゆっくり落ち着いて飲みたい時にオススメ

隠れ家(1号店)

隠れ家(1号店) 隠れ家(1号店)

最近出来たばかりの南山駅(11号線)が最寄り駅になる「隠れ家(1号店)」。カウンターが5席ほどでテーブルが2つと比較的こぢんまりとしたガールズバーだ。店がオープンしたのは2014年3月で、今年で3年目を迎えた。名前の通り、外から見る店構えも心なしか控えめに見える。が、しかし、その店の小ささとは裏腹に、日本のウイスキー類を始め、ブランデー、焼酎、ワインも豊富に取り揃えている。テーブルチャージは150元~。店内は落ち着いた雰囲気で、いずれも20代前半の3人の女の子がおもてなししてくれる。食べ物のメニューは少ないので、2軒目にゆっくり落ち着いた空間で飲み直したい時に是非おススメの、まさに「隠れ家」だ。ちなみに、徒歩圏内にある2号店では、シミュレーションゴルフが楽しめる。ゆっくり落ち着いて飲みたい時、また仲間と一緒に盛り上がりたい時に、店舗を使い分けることで、いずれのシチュエーションにも対応可能だ。

隠れ家(1号店)

隠れ家(1号店)
住所:深圳市南山区南光路51号
電話:(86)755-2671-1391
時間:19:30~25:00
ウェブ:http://r.goope.jp/bar-kakurega( 1号店); http://r.goope.jp/kakurega2-golf( 2号店)

会社の接待や特別な日に!  ラグジュアリージャパニーズレストラン 

TOKU

TOKU

「TOKU」は今年6月19日に、高層ビルが立ち並ぶ深圳南山区にオープンしたばかりのジャパニーズレストラン&バーだ。“ラグジュアリージャパニーズレストラン”をコンセプトにした店内は、スタイリッシュなカウンターバーや、吹き抜けの2階に設置されたピアノ、また風情のある畳の個室、そして約1,200本のワインを蔵するVIP室など、個性的なスペースが用意され、様々な趣向に対応可能となっている。営業時間も午前11時のランチから始まり、アフタヌーンティー、ディナー、深夜2時まで空いているバーなど、多様なニーズに応えてくれる。

TOKU TOKU

もちろん食材に対しても妥協はない。旬の食材にこだわり、青森産の大トロや天然の車エビをはじめ、長崎県産の鯵や三重県産の鯖など、深圳でも指折りの厳選された素材が揃う。そして忘れてはならないのは、料理長の存在だ。宮内庁の料理人のもとで修業し、十数年に渡る中で培われた彼の技術は、一つ一つの食材の持つ可能性を最大限に引き出してくれる。

普段使いというよりは、会社の接待や大切な人との記念日など、特別な日に訪れてみたい。

TOKU
住所:深圳市南山区学府恰化金融科技大厦3F2
電話:(86)138-2884-1505(日本語); (86)755-8654-4486(中国語)
時間:ランチ 11:30~14:00; アフタヌーンティ 14:00~17:30; ディナー 17:30~24:30; バータイム 02:00まで

 

ダーツ初心者&女性も気軽に楽しめる!  オーナー厳選のカクテルが充実のダイニングバー

JANE EYRE BAR

JANE EYRE BAR JANE EYRE BAR

羅湖区国貿のレストラン密集地帯・金城大厦で日本人・中国人に人気ののカジュアルバー。「羅湖界隈にダーツを楽しめるお店をつくりたい!」というオーナーの強い思いから始まったこの遊べる新スポットは、最新式のマシンを完備。初心者でも簡単にダーツが楽しめることもあり男女問わず連日多くのお客で賑わう。更に店内にはステージとアコースティックギター・パーカッションが用意されているので飛び入りでちょっとしたバンド演奏も可能。演奏次第では“バー専属ミュージシャン”になれるかも!?気になるドリンクメニューは、品数というよりも“センス”が光るものばかり。中でも一押しは、店の名を冠したラムベースのカクテル「JANE EYRE」。メロンリキュールときゅうりの絞り汁がスッキリ&さっぱりの爽やかな味わいが女性客にも大人気だ。接客上手な日本語スタッフも居るので、初来店で“お隣りさん”と意気投合!なんてこともよくあるのだそうだ。深夜2時まで営業しており、“飲み足りない夜”に、友人・同僚と気軽に立ち寄れるバーだ。

JANE EYRE BAR

JANE EYRE BAR
住所:羅湖区東門南路金城大厦3座1階15-16号
電話:(86)755-8220-1858、(86)152-2023-0109(麗麗);  (86)139-2748-1449(未来)
時間:20:00~26:00

 

INTERVIEW
在住歴10年の「深圳ツウ」に聞く!
もし、香港へ帰る終電がなくなってしまったら…


山善(深圳)貿易有限公司
営業主任
原 周平さん

原 周平さん

1982年岐阜県生まれ。高校を卒業後、エンジニアとして日本、台湾、北京での勤務経験を経て、2007年3月、山善深圳(福田)に入社。深圳在住歴は10年目となる。現在は広州を除く広東省の日系企業を対象に営業主任として活躍中。深圳在住歴と同じく結婚10年目を迎えた四川省出身の奥様と、9歳、4歳の娘さんとの4人暮らし。元高校球児ということもあり、趣味は野球。深圳・東莞の野球チーム「隼」に所属し、キャッチャーとして毎週末チームメイトとともに汗を流している。


今回の特集で、香港から深圳のアクセス方法や、深圳のMAPや地下鉄のMAPを見て、予習もバッチリ!で、うっかり楽しくなってしまってハメを外してしまい、気付けばもう0時!もう香港へ帰る電車がない!万が一、そんな緊急事態に直面した場合を想定し、深圳に在住して、今年で10年目を迎える「深圳ツウ」の山善(深圳)貿易有限公司 営業主任 原周平さんに、3つのパターンに分けて聞いてみることにした。

次の日に用事などがあり、すぐに香港へ帰りたい場合

福田区にある皇崗(はんがん)口岸は唯一24時間イミグレーションが開いており、そこから香港へ帰る方法があります。皇崗口岸へはタクシーもしくはバスで行く事が出来ます。また香港側へ渡ってからはタクシーやバスを24時間利用することが可能です。

当日に帰ることを断念し、少しでも安くていい宿に泊まりたい場合

◆7天連鎖酒店(7days Inn)
ここは深圳(中国)ではおなじみのビジネスホテルのチェーン店です。たいてい地下鉄の駅近くにある場合が多いです。価格は1泊200元くらいからあります。中国のホテルというと、衛生面が気になる方が多いと思いますが、ここは日本のビジネスホテルとそん色ないイメージで利用できると思います。バスルームにはシャワーもあり、バスタオル、歯ブラシも常備されています。Wi-Fiも無料で利用することが可能です。

◆太平洋
羅湖区にあるスパ施設です。日本で言うと健康ランドみたいな所で、サウナや雑魚寝する事が出来ます。最低料金は100元ぐらいからで、足つぼ、肩、太ももなどのマッサージを付けていくとプラス30元、50元、80元というように別料金が加算されていきます。家族で利用される方も多く、24時間営業しています。

◆黄金海岸
「太平洋」と同じような、マッサージ・スパ施設です。場所は羅湖や南山の蛇口にあります。シャワールームもあり、温水プールも入れますが、不特定多数の人が使用しているので衛生面での不安があり、あまり入ることはお薦めしません。寝る場所に関しては、マッサージチェアがずらっと並べてあるので、そこで休むことができます。またドリンクをオーダーしたり、マッサージを頼むことも可能です。200~300元あれば、十分快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか。

宿に泊まる前に、お手頃な価格のBARやお店にちょっと立ち寄ってみたい場合

羅湖地区の地下鉄国貿駅周辺のガールズバーなどはいかがでしょうか。ドリンク料金は別ですが、手頃なチャージ料金(150元~)で、ダーツやビリヤードも楽しめます。あとBARではないですが、同じく羅湖区の国貿駅の近くにある、コーヒーショップのチェーン店「85℃」は24時間営業していることもさることながら、コーヒー1杯が12元で飲めるのでお薦めします。また美味しいパンも販売しているので、是非一緒に購入してみて下さい。

もちろん終電に乗り遅れることなど、ないに越したことはない。しかし、不測の事態が起こった場合、皆さんも、深圳在住10年の「深圳ツウ」の原さんの意見を参考にして、出来るだけ楽しく、ストレスを感じることなく、深圳での時間を過ごせるようにしてみてはいかがだろうか。


株式会社山善は1947年に機械工具の商社として創業し、今年で70周年目を迎える。現在は工作機械、工場内での周辺機器、工具類をはじめ、住宅設備機器や建材、さらに家具・家電などのアメニティ&生活用品の分野にも専門商社として事業展開している。日本を中心として国内外に100を超える事業所を持ち、中国では上海を中心に深圳、香港に拠点を構える。

山善(深圳)貿易有限公司山善(深圳)貿易有限公司
住所:深圳市福田区彩田路7018号新浩壹都A座6楼
電話:(86)755-8280-5000
ファクス:(86)755-8280-5100
ウェブ:www.yamazen.com.cn

Pocket
LINEで送る