特集:香港生活に癒しを求めて 3

2016/06/07

お部屋を“癒し空間”に!ポイントをプロがアドバイス!

香港だからできる! 自分の癒し空間を演出してみよう癒し空間

●照明だけでも大きく変わる
今天井についてる照明の電球、蛍光灯などが明るすぎると感じたら、照度の低いものに変える。これだけでお部屋は随分ムーディになります。型が合わないといけないので念のため外して、電気屋さんに聞くのが早いかも知れませんね。3000klv.ぐらいがオススメですが、天井に設置されている真上からの光よりも、下からの光の方が落ち着きます。また、光源は直接目には入らない方が落ち着くので、シェードランプなどを置くと更にいいかも。これも明る過ぎには注意しましょう。リラックスタイムはシェードランプとキャンドルだけにしてみると素敵です。人間は太古の昔から火に守られ、火を中心に生活してきたので、キャンドルの炎の揺らめきを見ていると人は心が落ち着くのだといわれています。照明

●カーテンを変えてみる
香港の街のカーテン専門店では、日本では数が少なく高級なヨーロッパやアメリカの物を始め、世界中の生地が比較的安く、豊富に選べます。オーダーも簡単です。特に湾仔(ワンチャイ)のクイーンズロード・イーストがオススメです。レースのカーテンと合わせて変えるとナイスですよ!そこにタッセルも一緒につけると更にいい感じに。一緒にクッションカバーも作ってみてはいかがでしょうか?あまり柄があるよりも単色でカラフル過ぎず、素材の良いものがオススメ。レースカーテンに刺繍や底柄など入ったものを組み合わせるとさらにオシャレになりますね。

シュロチク●植物をお部屋に
グリーンも人の心を癒します。自分の好きな植物でいいのですが、枯れにくく強いのはやっぱりポトス。香港らしい南国ムードならアレカヤシかシュロチクがオススメ。MTR太子(プリンスエドワード)駅近くに沢山お店があります。大きいものはデリバリーしてもらえます。

●カーペットを置いてみる
中環(セントラル)のハリウッドロードや鴨脷洲(アプレイチャウ)のホライゾンプラザにはカーペット店が沢山あります。香港は世界中のカーペットが日本より安くて豊富です。帰国の際には日本に持って帰れるのでオススメですよ。シルクは素敵だけど高いかな。イランの遊牧民のカーペット、ギャべなどもオススメです。厚みがあってふかふか。夏涼しく冬暖かいといわれています。まるでアートのような色柄です。他のインテリアはシンプルでもカーペットでアクセントをつけるのももナイス!

●ソファーや壁の演出ソファー
更にお金をかけても良いという人は好みのソファーをオーダーするといいでしょう。好みのものがオーダーできるショップが揃う、ホライゾンプラザがオススメです。フェザー入など柔らかさも選べます。思ったりより安く、5,000~10,000ドル位でしょうか。ファブリック(ソファーの生地)で値段が変わります。

また、壁には好きなアートフレームや額縁を。 ちょっとした絵葉書などでもハガキサイズより倍ぐらい大きいフレームにして下地に黒や茶やブルーなどカラーペーパーをひくとオシャレになります。IKEAなどでもオッケー。幾つか並べると素敵になりますよ。さらにゴージャスにしたいなら湾仔などの額縁屋で好みの額縁をオーダーするのもいいですね。香港はオーダー天国。これを上手に利用したいですね!

元・香港在住空間デザイナーMomoさん
Momoさん
〈プロフィール〉
2000年から10年間香港在住。店舗設計・施行会社に在籍し、日系に限らず多くの店舗等のの内装設計、デザインを手がける。現在は東京で空間デザイナーとして活躍中。プライ
ベートでも暮らしに潤いを与える室内空間づくりが趣味。

 

癒し効果抜群の華やかな食器類  優雅な気持ちでティータイムを楽しもう

「WEDGWOOD」WEDGWOOD

1759年にイギリスで創業した陶磁器メーカーの「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」。精巧で愛らしいデザインと、耐久性のある素材で創業から250年以上経った今でも世界中に多くのファンを抱えている。

そんなウェッジウッドから新しく登場したのは、日本のお花見にインスパイアされた「Spring Blossom」コレクション。満開の桜が豪華かつ上品に散りばめられた食器はテーブルを華やかに彩ってくれそうだ。ティーセット類の展開は緩やかなカーブとゴールドの縁取りがウェッジウッドらしい上品なテイストを作り出しているティーポット(HKD2,400)、シュガーボックス(HKD1,200)、クリーム入れ(HKD900)、ティーカップL e i g h(H K D 7 5 0)、ティーカップP e o n y(HKD750)ソーサー(HKD350)の6種類。プレートは18cm(HKD600)、20cm(HKD600)、27cm(HKD750)の3つのサイズ展開。20cmのプレートには桜の開花を祝うように晴れ上がった春の青空が描かれたBlueバージョン(HKD600)も用意されている。大ぶりな35cmのオーバルプレート(HKD2,400)はプレゼントにも最適。自分用には紅茶1杯分のサイズ感がちょうどいいマグカップ(HKD800)はいかが?

優雅な食器はそれだけで幸せな気分を運んできてくれるもの。散りゆく可憐な花びらに想いを馳せる「Spring Blossom」コレクションをお見逃しなく。

WEDGWOOD
住所:Sogo CWB, 12/F, 555 Hennessy Rd., CWB
電話:(852)2831-8628

 

癒しの空間づくりは綺麗な空気から!

東洋光学硝子の消臭機「エアサクセスプロ」の新型モデルが登場!

エアサクセスプロ東洋光学硝子のマイナスイオン消臭機「エアサクセスプロ」。手のひらに乗るコンパクトサイズで好きなところに設置でき、稼動中も動いているのを忘れてしまうほど静かなので「癒しの時間」を邪魔されることもない。香港でフランス系のホテルをはじめ日系企業の事務所や飲食店に設置され、どのユーザーからも「3日で嫌なにおいが消えた。」と高評価を得ている。そんな「エアサクセスプロ」をパワーアップさせた新型モデルが登場。その名も「エアサクセスゼロ」。消臭・除菌効果は旧型の4倍、消臭範囲は25畳まで対応。これだけの消臭機能を持っているのにも関わらず、24時間稼働で1ヶ月の電気代は約HKD3~4というから驚きだ。商品価格はHKD1,980の予定。お部屋で臭いを気にせず快適に過ごしたいという方にはマストアイテムだ。

TOYO OPTICAL GLASS LIMITED
住所:Rm. 1302, 13/F., Apec Plaza, 49 Hoi Yuen Rd., Kwun Tong
電話:(852)5362-6430 日本語ホットライン
メール:[email protected]

 

“癒し”から活力に

香港仏教寺院北九龍地区の鑽石山(ダイアモンドヒル)にひっそりと佇む「志蓮淨苑(CHI LIN NUNNERY)」は1934年に建立された香港の歴史ある仏教寺院。建築物の美しさを次の世代まで末永く繋いでいくため、2000年5月に香港、中国、日本から一流の寺修繕職人達を招き大規模な修繕・移管工事を行っている。無事修繕が完了した志蓮淨苑はハイキングコースとしても人気の高いライオンロックの頂きに守られながら今にその姿を伝えている。

唐(618~907AD)の時代に栄えた建築技法を取り入れている志蓮淨苑には庭園、中庭、殿堂、金箔が眩しい彫刻、蓮池など技巧を凝らした建築物が15種存在する。仏教の世界で寺院は森林になぞられており、これは梵語(サンスクリット語)で10の方角から集まった僧や尼を表す言葉「サンガ(Sangha)」に由来しているそうだ。1本1本の木々が雄大な森を作り出しているように、1人1人が人間として成長する場として寺があると考えられていたのだろう。志蓮淨苑

敷地内へと入ると、まず3つの中庭へと続く大門が目に入るだろう。山門、東門、西門と仕切られた大門は厳かでまるで自然に溶け込んだかのような美しさ。殿堂には仏像と菩薩像が鎮座し、参拝に訪れる人々を温かく迎え入れている。一見簡素に作られている庭園も建築物との調和を第一に考えられ設計されており、珍しい品種から成る蓮池や、盆栽、イトスギや芍薬などの植物の美しさをより一層際立たせている。

また、志蓮淨苑の向かい側に位置する同じく唐代の建築技法を取り入れた「南蓮園池(Nan Lian Garden)」も志蓮淨苑とともに訪れたい穴場的名所。香港政府が管理している同公園は35,000平方メートルの広さを誇り、まるで日本の神社や寺のような落ち着いた雰囲気が特徴。唐代時代の自然と建築物との調和を目指す技法が見事に取られており、草や石、池、滝などを見ながらゆっくりと園内を散策すれば心の芯からリラックスできる自分に驚くだろう。

黄大仙の華やかさとはまた違った奥行きが感じられる志蓮淨苑と南蓮園池。静かなひと時を過ごしたい人や、香港の穴場的名所をお探しの人にぜひオススメしたいパワースポットだ。

南蓮園池

志蓮淨苑(CHI LIN NUNNERY)蓮池
時間:9:00~16:30( Lotus Pond Garden 7:00~19:00)
料金:無料
ウェブ:http://www.chilin.org/
行き方:
MTR鑽石山(ダイアモンドヒル)駅C2出口から徒歩8分
バス▶11,74X,75X,82X,82P,84M,85C,85M,91,91M,92,286M「鑽石山鐵路站總站(DIAMOND HILL RAILWAY STATION B/T)」停留所下車。
バス▶3B,10,11C,74X,91,92「志蓮淨苑(CHI LIN NUNNERY)」停留所、又は鳳德街(FUNG TAK STREET)下車。

南蓮園池(Nan Lian Garden)
ウェブ:http://www.nanliangarden.org

 

心と体を癒したあとは
パワーストーンで開運を呼び込もう!

海や山、空や植物と同じく自然の一部である石は、人と自然界を繋げてくれる重要なアイテムとして長く人々に愛されてきた。
ここでは6種の石を、それぞれの「石言葉」とともに紹介しよう。

アメジスト

アメジスト

◆アメジスト
石言葉:「誠実」「心の平和」
着用した者の知性と洞察力を高め、癒しと安らぎを招く手助けもしてくれるとされている。

アマゾナイト

アマゾナイト

◆グリーンファントムクォーツ
石言葉:「金運」「事業運」「不屈」
中国では様々な困難を受けても成長を続けてきた石として、事業展開する経営者などから人気が高い。

◆グリーンルチルクォーツ
石言葉:「金運」「縁」「絆」
人と人との繋がりを安定させ、持ち主が明るい未来へ歩んでいく手助けをしてくれるとされる石。

サンストーン

サンストーン

◆サンストーン
石言葉:「自信」「余裕」
コンプレックスや心の傷を癒し、ゆとりをもたらしてくれる石。オレンジ色の色彩が冷えた心を温めてくれるとされている。

◆アマゾナイト
石言葉:「希望」「幸運」
身につけた人に自信、心身の平穏、自立心をもたらしてくれるとされる石。性格的な明るさや柔軟性を呼び込んでくれる。

ローズクォーツ

ローズクォーツ

◆ローズクォーツ
石言葉:「美」「自己肯定」「優しさ」
周囲への慈悲の心を呼び覚ましてくれるとされており、恋愛成就の石として名高い。

 

 

 

風水を取り入れた中国伝統の開運アイテム!日本語対応で安心の人気店

Lucky 7 正宗風水花文字Lucky 7 正宗風水花文字

中国では古くから開運に用いられ、縁起の良いものをされている「花文字」。同店は、香港で最初にできた花文字と吉相開運印鑑の専門店だ。オーナーの馮健行氏は今日まで「灵符(れいふ)」を使って運気上昇を助けたり、魔除けをしたりするという中国古来の伝統を継承する人物の一人。また、姓名判断師としても日本のテレビやディスカバリーチャンネルなどにも登場。世界中のスターを顧客にもつ有名人なのだ。そんな同氏が「灵符」の代わりに姓名判断をして7色の文字を使い、鳳凰や龍、船といった風水に基づく絵柄を取り入れながら名前を描く花文字。その磨かれた独自の世界観とクリエイティブな発想から描き出される美しい文字は、「わぁっ!」と思わず声に出してしまうほど色鮮やか。部屋に飾るだけで部屋自体を明るい雰囲気にしてくれそうで、インテリアとしての役割も充分に果たしてくれそう。また、開運印鑑も1つ1つが手彫りで作られているため、こちらも世界に1つとして同じものはない。心身ともにすっきりした後に迎えたい明るい未来を、手にした人全てを魅了する「郷に入りては郷に従え」のアイテムでゲットしよう!

Lucky 7 正宗風水花文字
住所:No.48, UG/F., South Seas Centre, 75 Mody Rd., TST East
電話:(852)2366-0826
時間:12:00~19:00(年中無休)
ウェブ:www.luckysevenstore.com

開運印鑑花文字

Pocket
LINEで送る