香港専門店街特集4:油麻地の上海街でキッチン用品探し

2015/12/17

上海街 Shanghai Street
プロから一般家庭の調理、厨房器具等は、「香港のカッパ橋」で求めるべし!
(九龍 ションホイガーイ)
(MTR油麻地駅 C出口 徒歩約1分)

上海街(Shanghai Street)は、九龍サイドの背骨とも言える彌敦道(Nathan Road)と平行に、北は太子(Prince Edward)から南は佐敦(Jordan)まで約2Kmに渡って続くたこ焼き器道だ。かつてこの辺りは海に接する低湿地で「蔴地」(沼地の意味)と呼ばれていた。イギリス植民地となった香港は急速に発展し、九龍半島の繁華街となった油麻地に警察署が置かれた。そのため当初この通りは「差館街」(警察署通り)と呼ばれていたが、香港島側にも似た名前があったため、香港政庁は混乱を避けるためにこちらの通りの改名を決定。特に関係があったわけではないが、中国の大都市上海にあやかって「上海街」と名付けられたのだという。1909年のことだ。その後上海街は1940~60年にかけて栄え、当
時の名残ともいえる老舗が今も点在している。
キッチン用品 上海街と言えば、キッチン用品通りとしてあまりにも有名だ。通りの両側に調理、厨房器具専門店、食器店、生活雑貨店、金物店などが並び、レストランの厨房から一般家庭のキッチンで必要なものまで何でも揃う。東京の合羽橋にある「かっぱ橋道具街」のような雰囲気の問屋・小売店街だ。鍋やフライパンはもちろん、食器類、グラス類、包丁、まな板、クッキー型、ケーキ型、 蒸籠などなど。そして香港ならでは(?)の月餅の型まで、上海街ならではの格安値段で入手できる。日本人に密かに人気の、赤いにわとり柄の食器も揃う。日本の料理研究家、山本麗子さんが来港の度に、とある刃物店で包丁をまとめてオーダーメイドしていたところ、そのサイズが定番商品として陳列されるようになったとか。意外なものでは日本製の食品サンプルを売っている店まである。まさに「香港のかっぱ橋道具街」と言えるだろう。

 

Full Tech Stainless Steel Engineering Co.
オーナー
Janette Chauさん

オーナー2005年に開業してから、今年でもう10年になります。あっという間の10年でしたが、とても楽しい道のりでした。上海街はキッチン用品を取り扱う店が多く、競争が激しいのではとよく聞かれますが、キッチン用品を求める人が必ず訪れる場所でありお客様数が多いことと、廟街(テンプルストリート)に近く、観光客の方にも足を運んでいただけるというメリットがあります。
当店ではカトラリー類、食卓用食器具、調理用コンロ、スチール用品や、冷蔵庫を始めとして様々なものを取り揃えています。他店との差別化を図るため深圳に自社工場を持ち「明星」というブランドでエッグワッフルマシーンも造っています。さらにアメリカの「General」社製のコーヒー・紅茶マシーンもイチオシ商品です。このマシーンで作るコーヒーやミル
クティーはどれも長年経験を積んだバリスタが淹れる味にとても近く、さらに人件費も抑えることができるため、個人店のオーナーから好評をいただいています。
お客様の多くは個人店のオーナーが多いですが、一般客の方、そして観光客の方も多くみえます。新規と常連のお客様の割合は5:5くらいですね。新規のお客様の多くは常連の方からの口コミでいらした方ばかり。高く評価して頂き、とても励みになります。
香港の金物店の情報を集めた「5metal.com」に当店も掲載されていますのでぜひご覧ください。当店でご購入頂ければデリバリーや設置もサービスで行っています。冬のイベントに向けてキッチン用品を揃えたいとお考えの方は、ぜひ当店へいらしてくださいね!

 

Full Tech Stainless Steel Engineering Co.
住所:G/F., 306 Shanghai St., Yau Ma Tei
電話:(852)2332-8960, (852)2332-6686
時間:9:30~19:00
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.5metal.com.hk/node/3594


広東道 Canton Road

別名・玉器街翡翠通りをぶらぶら
(九龍カントンロード(別名:玉器街))
(MTR佐敦駅 A出口 徒歩約5分)

香港風のアクセサリーが欲しい、と思ったら油麻地(ヤウマーテイ)のこの通りを訪れてみてはどうだろう。この道の名は広東道。そう、尖沙咀(チムサーチョイ)の「高級ブランド
街」の北の延長なのだが、このあたりの別名は「玉器街」だ。佐敦(ジョーダン)と油麻地のちょうど真ん中辺り、佐敦道をスタート地点に、北に向かい甘粛街までの道の左右に翡翠を扱う問屋が立ち並ぶ。買い付けとおぼしき人が多く見られるが、小売もしているので家族・友人へのプレゼント用にと地元の人にも重宝されている。また、短時間勝負で翡翠を手に入れたい時には甘粛街の端にある「玉器市場」もおすすめ。ここでは遠慮なく値切り交渉に挑もう!

金巴利道 Kimberley Road
歩いているだけでウキウキ「幸せ通り」
(九龍 キンバリーロード)
(MTR尖沙咀駅 B2出口 徒歩約5分)
ウエディングドレスショップ尖沙咀(チムサーチョイ)の中心の金巴利道沿いには独身キンバリーロード女性たちが「いつか私も!」と眺めずにはいられないお店が多くならんでいる。そう、「ウエディングドレスショップ」だ。どのお店も各店自慢のドレスをショーウィンドーに展示し、結婚式を控えた幸せいっぱいのカップルが次々と吸い込まれていく。レンタルにも購入にも対応しているため、日本からわざわざ足を運ぶカップルもいるというが、なるほど、値段がお手ごろ。また、ウエディングドレスの他にも、ワイシャツのオーダーができるお店も!こちらもオーダーメイドと考えるとかなりお得に手に入れられる。香港であなただけの一着を。

 

Pocket
LINEで送る