香港専門店街特集3:湾仔(ワンチャイ)駱克道のバス・トイレ用品店ほか

2015/12/17

駱克道 Lockhart Road
バスルーム、トイレを優雅に演出するなら
(香港島ロックハート・ロード)
(MTR湾仔駅 C出口すぐ)

湾仔(ワンチャイ)駅C出口を出ると目の前に走る駱克道。夜は立ち並ぶバーのネオンが華やかなエリアだ。そこから東に1ブロック行ったところから銅鑼灣(コーズウェイベイ)方面におよそ数百メートルにわたり、バス・トイレ用品を扱うお店が立ち並ぶ。歩いていると、まずどうしても目に飛び込んできてしまうのが便器なのだが、浴槽・洗面ボウルなどの大物からシャワーヘッドや蛇口のねじなど小さなものまでバスルーム用品なら何でも揃う。お店の雰囲気も昔ながらの庶民的なお店、優雅なバスタイムを演出してくれそうな商品が並んでいるラグジュアリー店、子供に喜ばれそうな可愛いイラストが描いてある洗面ボウルを扱うお店があったりなど様々だ。かなり専門的分野に偏っている通りなので、大抵は素通りしてしまいがちだが、何かと水周りのトラブルが少なくない香港。あまり迎えたくない「壊れた時」に備えて、ウインドーショッピングはいかが?
Lockhart Road トイレ用品店

皇后大道東 Queen’s Road East
香港島屈指のインテリアショップエリア
(香港島クィーンズ・ロード・イースト)
(MTR金鐘湾駅 F出口 約3分)

金鐘(アドミラルティ)と湾仔(ワンチャイ)のちょうど中間あたり、皇后大道東に入ってすぐに、アジアンテイストの家具や雑貨を取り扱うスタイリッシュな店構えの「OVO home」がある。そのお店を皮切りにこの通りにはインテリアのお店が多く並ぶ。その種類もヨーロピアンテイスト、中華テイストなど様々で、オーダー家具を発注できるお店も。香港は住宅が狭く、中の家具へのこだわりがあまり強くない、という話を耳にしたことがあるが、ここを歩いているとそんな住宅事情を忘れさせる。近くには欧米人に人気のハンバーガーショップやセンスの良いアクセサリーを取り扱うお店など、他にも立ち寄りたい店が多く並ぶ。湾仔地区の埋め立て以前、香港島本来の海岸線であったという皇后大道東。その当時は海を眺めるように建っていた一級歴史建築物である「洪聖古廟」は今、道行く人を静かに見守っている。
Queen Road East インテリアショップ 家具屋

摩理臣山道 Morrison Hill Road
プチリフォームしたい時に出かけたい通り
(香港島モリソンヒル・ロード)
(MTR銅鑼湾駅 A出口 約5分)

ハッピーバレー競馬場に向かうトラムに揺られていると競馬場に付く直前の緩やかなカーブに沿って、照明器具のお店が立ち並んでいる。
どの店にも天井が落ちるのではないかと心配になる程の大きさのシャンデリアを始め、多くの照明がぶら下がっていて、お店の前に立つと目がちかちかしそう。そして常にどこかのお店でディスカウントを実施しているのを目にするので、時期を問わずにお得なお買い物が!香港の賃貸住宅には予め照明器具が備え付けられている場合が多いが、いまいち自分の好みにはあわない、なんて時もある。はたまた長く住んでいて部屋の雰囲気を変えたいが、賃貸だしリフォームはできない!そんな時、照明を変えるという選択肢を思いつかせてくれる、そんな通りだ。

morrison road 照明器具屋さん

太原街 Tai Yuen Street 
誰でもが子供に戻れるおもちゃストリート
(香港島ロックハート・ロード)
(MTR湾仔駅 C出口すぐ)

同ストリートには、プラモデルなどの玩具を取り扱うショップが多く、地元の住民や観光客に愛されている。最近の流行りモノから、時代を感じさせる一品まで揃っているため、子供も大人も楽しむことが出来るだろう。見ているだけでも充分に楽しめるが、一般的なオモチャ屋よりもリーズナブルな価格に、思わず手が伸びてしまうかもしれない。大きめなバックを持参して、散策することをオススメする。

Tai Yuen Street
おもちゃストリート

Pocket
LINEで送る