大坑特集3・北角ぶら歩き「遊べるスポット」

2015/09/22

文化な香りも一杯なのだ!

油街實現がアートギャラリーに100年を越える歴史的建築物で五感に訴えるアートを。
創設100週のアートギャラリー

MTR炮台山駅から北西に伸びる油街(オイルストリート)には、かつて香港ロイヤルヨットクラブの本拠地だった歴史的建造物「油街實現」がある。1908年に建てられ、香港二級歴史建築に指定されたレンガ造りの同建物は、土地開発が進んだ今となっては開発前の北角(ノースポイント)の面影が残る唯一の建物となった。現在では「Oi!」と名称が改められ、芸術家達のための展示場として活用されている。
「Oi!」は展示やワークショップを通して市民と芸術を繋ぐ架け橋となっている。9月上旬から開催されている「What do you see?」もそんな展示会の1つだ。壁に掲げられた20マス×20マスの巨大パズルの中には漢字がびっしりと埋め込まれており、一見するとなんの意味も持たない漢字の羅列の中から初めて目に飛び込んできた漢字が現在の自分の深層心理を表す言葉だという。
アートを展示 Oi!入り口 壁に掲げられた巨大パズル
より住やすいコミュニティにするためのアイディアを共有することを目的として創設されたアートプロジェクト「ソーシャル・ガストロノミー(Social Gastronomy)」は毎週末に調理の際に残ってしまった食材を使って料理を作る活動を行っている。体験型プロジェクトを通して、人々を食事、アート、デザインを繋げることを目的としている。
コミュニティと芸術を繋ぐ役割を担っているOi!は、華美な芸術ではなく、実用面に則したアートを展示している。普段何気なく見過ごしていることを改めて目の前に提示してくれる芸術の数々は、現代に生きる我々にライフスタイルを顧みるヒントを与えてくれるだろう。
Oi!外観Oi!
住所:12 Oil St.,North Point
電話:(852)2521-3000
ファクス:(852)2512-3022
時間:月14:00~20:00 火~日10:00~20:00
料金:無料
ウェブ:http://www.lcsd.gov.hk/apo/
フェイスブック:oioilstreetartspace


スキー技術を磨いて冬休みは雪国へ

MTR天后駅と炮台山駅のほぼ中間に、スキーファンにとって欠かせない施設「SlopeInfinity」がある。雪の降らない香港で、本物のスキーグッズを利用してスキーやスノーボードの練習ができる同店は、シリコンで覆われた巨大な回転式カーペットを敷き、スキー・スノーボードトレーニングプログラムを実施。子供から大人まで参加でき、全く経験のない初心者から上級者向けのプログラムを用意している。
プロのインストラクターライセンスを所持し豊富な教育経験を持つ同店のインストラクターたちは、カナダ、ニュージーランド、ヨーロッパなど国際色豊かで英語でレッスンが受けられる。ここに通う70%は香港人で年齢層は3~40歳と幅広い。繁忙期となる11月~2月は混雑するが、10月31日までは、夏のスペシャル値引きを実施。お得にレッスンを楽しむなら今しかない!
Slope Infinity 本物のスキーグッズを利用
Slope Infinity
住所:1/F.,148 Electric Rd.,North Point
電話:(852)2107-4567
時間:火~金 12:00~22:00
土 10:00~22:00
日 10:00~20:00 月曜定休
ウェブ:http://www.slopeinfinity.com/index.html

頭に広がる魚市場の真相とは
北角のフェリー埠頭といえば、「魚市場」を真っ先に思い出す方も多いだろう。香港でもフェリー乗り場に魚市場があるというのは大変珍しい。政府が違法な行商人を取り締まるために、法を厳しく定め現在の形になったというが、その以前の形態から数えると、歴史はおよそ40年にもなるのだ。
同市場は、毎日訪れる人たちに対し平等に食材を提供しているため、市場付近の店間では、競争はあまり起きず、平和な雰囲気が漂っている。しかし長期的な目で見ると、昨今ローカルスーパーも魚市場と同様に魚を食材として提供しているため、同市場の売り上げは徐々に悪くなっているという。それでも一度に種類豊富な魚介類を入手できるという魚市場
の長所は、特に鍋料理店において都合がよく、北角の重鎮が戦線を退くことはまだまだなさそうだ。
Seafood Pier 新鮮な魚介類がたくさん
Seafood Pier
住所:North Point Ferry Pier

広東オペラの殿堂「新光戯院」
1972年に創立し、数々の「広東オペラ(粤劇)」を披露してきた新光戯院。華やかさを極めた衣装と、目を奪われる役者陣の優雅な立ち振る舞いは見る者の心を鷲掴みにする。
2009年に世界無形文化遺産に登録された広東オペラだが、香港で定期的に公演を行っている民間劇場は現在では新光戯院のみ。しかしその新光戯院も、劇場賃貸料の高騰を前に、一時続演が危ぶまれた過去を持つ。難局は切り抜けたものの、次回の更新契約の際はまた同じような難局を迎えることが想定され、多くの観劇ファンが行方を固唾を呑んで見守っているという。
新光戯院では定期的に演目を変更し、公演期間は連日満席となる盛況ぶり。観劇希望の方は、事前にチケットを購入しておくのがオススメ!
新光戯院(Sunbeam Spot) 新光戯院(Sunbeam Spot)入り口
新光戯院(Sunbeam Spot)
住所:423 Kingʼs Rd.,North Point
電話:(852)2563-2959
ウェブ:http://www.sunbeamspot.com
フェイスブック:sunbeamspot

Pocket
LINEで送る