ラーメン特集1・老舗日系ラーメン店

2015/05/18

カレー、寿司とともに日本の三大国民食ともいわれるラーメン。そんな日本発のラーメン店が香港で相次いでオープンしている。鶏スープを使った鶏白湯ラーメンに、魚介類でとったダシを加えたとんこつラーメン等々、とんこつラーメンが人気の香港で、新しい味で挑戦する店も増えている。香港人が自分たちの求める、あっさりしたとんこつラーメンを作り出し始めた店もある。特にワンチャイ(湾仔)地区はオープンラッシュで、ラーメン戦国時代の様相を呈してきている。その一方で約30年前に香港で創業し長く愛されている日系ラーメン店もある。
日本ではラーメンの食べ歩きを楽しむ人も多い。そこで今回はラーメン特集。老舗から注目の新店舗まで本格ラーメンが食べられる店を紹介しよう。また番外編では、茶餐廳で食べられる麺やローカルの即席麺などをピックアップ。香港・華南地区のラーメン最新事情をお届けしよう。

麺楽
味噌・塩・醤油の三拍子こんなラーメンがほしかった!

醤油らーめん

醤油らーめん(HKD75)

塩バターらーめん

塩バターらーめん(HKD82)

味噌らーめん

店主・森さんが自信を持ってオススメする、味噌らーめん(HKD78)

MTRフォートレスヒル(炮台山)駅からほど近くにある「麺楽」は今年オープンした新店。名物は北海道ラーメンで、「札幌みそらーめん」「旭川しょうゆらーめん」「函館塩らーめん」の3種類を提供している。こだわりの麺は北海道から直輸入し、数日間熟成させたものを使用。口に含んだ瞬間に小麦の香りが広がり、中太麺は食べ応えも十分。「これぞラーメン!」と思わずにはいられないこと請け合いだ。店主の森さんは以前に働いていたお店の恩師の影響から北海道産食材に並々ならぬ思い入れを持つ。香港の人たちにベーシックで昔ながらの北海道ラーメンを味わってもらうと共に、逆に日本人には「ほっ」と懐かしさを感じてもらえる味を目指しているという。まだまだ豚骨ベースのラーメンが主流の香港においては貴重な存在と言えるだろう。複数のタレを調合して作られる特製ダレや、じっくり焼いた炙りチャーシュー等からもこだわりを垣間見ることができる。森さんは香港歴18年で、これまでに携わってきた飲食店で様々な商品を開発してきた経験を持つ。今後の新メニューの登場に期待ができそうだ。また、ラーメン以外にも定食やお酒も提供しているので、昼はラーメン、夜は居酒屋としても利用できる便利なお店。香港に居ながらきっとあの昔懐かしい味に出会えるはずだ。

店主森氏店主の森さんが優しい笑顔で出迎えてくれるまるで日本に帰ってきたような感覚になってしまう。

麺楽外観麺楽
住所:Shop D,163 King’s Rd.,North Point
(MTR炮台山B出口3分)
電話:(852)3580-2909
時間:11:45~14:30(L.O.)、18:00~22:30(L.O.)
定休日なし

 

一平安
妥協のない味を届けて31年「長崎ちゃんぽん」は不動の人気
1984年に創業した「麺屋一平安」は今年で31周年を迎える。香港内に3店舗を構えており、MTRチムサーチョイ(尖沙咀)3出口から徒歩5分ほどの場所に位置する尖東本店が第1号店だ。同店の看板商品は「長崎ちゃんぽん」(HKD75)。オーナー・島田さん自らが長崎県の老舗「江山楼(こうざんろう)」で修行を積み、お墨付きをもらったという秘伝の味だ。毎日18時間かけて作られるスープは、豚骨や野菜、海鮮の出汁がしっかりと効いた、旨味たっぷりのまろやかな味わいで、食べる者を虜にする。「コクがあるのに臭みのないスープを出せるようになるまで何度も試行錯誤を繰り返しました。」と語るのは、一平安の厨房に立ち27年の馬さん。同店は馬さん以外にも社歴の長いベテランスタッフが多く、味にぶれがない。入れ替わりの激しい香港の飲食業界の中で30年以上の歴史を持ち、お客様のみならずスタッフからも愛されるところも一平安の魅力の一つだろう。
オーナーの熱いマインドに惹かれ7年半前に来港した店長の野崎さんは、「これからも妥協することなく、お客様に感動を届けていきます」と、爽やかな見た目とは対照的に内に秘めた熱い思いを語る。現在は新しいメニューを考案中とのこと。伝統を受け継ぎながらも常にチェレンジすることを忘れない一平安。今後も目が離せない。

愛され続ける伝統の味「長崎ちゃんぽん」

愛され続ける伝統の味「長崎ちゃんぽん」

野崎店長

「熱さ」を内に秘めた野崎店長

麺屋 一平安麺屋 一平安
住所:Shop B1,Energy Plaza,92 Granville Rd.,TST East
電話:(852)2722-4826
時間:12:00~15:00、18:00~23:00
ウェブ:http://www.ippeian.com

Pocket
LINEで送る