香港競馬特集3・馬券の買い方

2015/02/24

これを知れば一攫千金も夢じゃない!?馬券の買い方HOW TO

日本とは一味違う香港競馬。HKD10から気軽に楽しめるので、仕事終わりのちょっとした気分転換や週末のデートにももってこいだ。でも、どのように賭けていいのか分からない…という人も多いのでは?ここでは香港競馬の馬券について説明しよう。

馬券の買い方

■賭け金はいくら?

いずれもHKD10から購入可能でHKD10ずつ単位を上げられるが、一部、1枚のカードでHKD100を超える場合はHKD1~2ずつの単位となるものもある。

■購入はどこで?

馬券は窓口または自動販売機で購入できる。一部の発売窓口では最小購入単位が決まっている場合があるが、馬券の発売は「售票/SELL」で、払い戻しは「派彩/PAY」で行っている。自動販売機を使う場合には、前もって現金券(キャッシュバウチャー)を購入する必要がある。現金券の購入は「發售或兌現金券」と書いてある窓口で。HKD100から購入でき、残額のある現金券は払い戻しも可能だ。またタッチパネル式の自動発券機であればマークカードに記入しなくても購入できる。

■馬券の種類

馬券は全15種類。日本と違って枠番はないが、日本にはない賭け方もある。詳しい馬券の種類は右記の通り。ただし、三重勝、四連単などは対象レースが限定されるのでご注意を。

■カードの記入法

マークカードの記入方法も日本とは異なりやや複雑。カードの帯色によって賭け方が異なるので、単勝、複勝など賭け方を決めたら、まずは6色あるカードのなかから自分が賭けたい式別用のカードを用意しよう。

カードには「レースナンバー」、「POOL(賭け方)」を選択し、「SELECTIONS」に賭ける馬の番号をマークすればオーケーだ。1枚に3レースまで記入でき、左から早いレース番号順に記入していく。「BANKER ONLY」は、馬番連勝複、ワイドなどの流し馬券を購入する場合の軸馬を記入する枠なので、普通に賭ける場合は何もマークする必要はない。

日本のJRAが香港にも!?JRA香港駐在員事務所所長、小林雅嘉さん
JRAに聞いた、

日本競馬と香港競馬の深い関係

香港に日本中央競馬会(以下JRA)の駐在員事務所があるのをご存知だろうか。
なぜ香港に?どんな目的で?日本の騎手や馬も走っているの??
あまり知られていない日本のJRAと香港競馬の関係について、
JRA香港駐在員事務所所長、小林雅嘉さんにお話を伺った

●香港での主な活動は?

香港で行われるレースに出走する日本の馬に対するサポートや、逆に香港の馬が日本に遠征する際のサポートなどが最も大きな活動ですが、その他にも年間を通じ、香港ジョッキークラブと様々な分野で交流しながらお互いの競馬の発展に努めています。

●日本の競走馬が香港のレースにも出走しているのですか?

はい。香港の競馬に日本馬が始めて出走したのは1993年でした。それ以降、20年以上にわたり、ほぼ毎年日本からの遠征はあります。昨年12月に行われた香港国際競走には4レースに日本から9頭が出走しました。

●香港のレースでも日本馬や日本人騎手が活躍しているんですか?

これまで香港では8頭の日本馬が、延べ11勝をあげています。1995年にフジヤマケンザンが香港カップに優勝したのが初勝利です。過去、香港で最も活躍した日本馬といえばエイシンプレストンでしょう。彼は2001年の香港マイル、2002年と2003年のクイーンエリザベスⅡステークスと香港で3勝をあげています。近年では2012年と2013年の香港スプリントを連覇したロードカナロアが記憶に新しいところですね。

騎手については、武豊騎手や福永祐一騎手の活躍が目立ちます。香港では毎年12月に世界各国の一流騎手が集い、腕を競い合うインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップというイベントがあるのですが、武騎手は2004年に同点優勝、福永騎手は昨年、単独優勝を果たしました。

●逆に日本競馬で活躍した香港馬あるいは騎手は?

香港からの遠征は、6月の安田記念や10月のスプリンターズステークスに多く、この2レースが香港で最も有名です。安田記念での香港馬は2000年にフェアリーキングプローン(香港馬の日本初勝利)が、2006年にブリッシュラックがそれぞれ勝利しています。スプリンターズステークスではサイレントウィットネスが2005年に、ウルトラファンタジーが2010年に勝っています。また、日本国内最高賞金レースであるジャパンカップでは1999年に出走したインディジェナスが2着になりました。

騎手に関しては、ダグラス・ホワイト騎手とザック・パートン騎手が日本で過去に好成績を収めています。日本でも、世界のトップジョッキーによるワールドスーパージョッキーズシリーズというイベントを毎年施行していますが、ホワイト騎手は2004年に同点優勝、パートン騎手は2012年に単独優勝を果たしています。この2人は日本の競馬ファンの間でも御馴染みの存在ではないでしょうか。

●今年、日本馬が香港で参戦するレースはありますか?

まだレースまでかなり日があるので現段階では何とも言えませんが、例年ですと4月下旬のクイーンエリザベスⅡカップ、5月上旬のチャンピオンズマイルまた12月中旬の香港国際競走に、世界各国から馬が集まります。その中に多くの日本馬が含まれていれば嬉しいですね。

●香港で人気の日本馬や日本人騎手は?

やはり、香港での活躍が目立つ先述のロードカナロアは人気があり、2013年には香港の競馬ファンに最も人気のある外国馬として表彰されました。また、騎手では武豊騎手や福永祐一騎手は、過去、香港での騎乗機会も多く、よく知られた存在です。

●香港で購入できる主な日本のレースを教えてください。

今年は日本のG1シーズンがまだ少し先ということもありまだ決まっていないようですが、随時、香港ジョッキークラブのホームページ等で案内があると思います。

香港ジョッキークラブ
還元活動紹介

競馬だけでなく文化やスポーツにと
さまざまな社会貢献を行っている同クラブ。
その一部をご紹介しよう!

Central Police Station Revitalization Project旧中央警署建築群再生プロジェクト(中區警署建築群活化計劃)
旧中央警署建築群再生プロジェクト(中區警署建築群活化計劃)

2016年に完成予定
歴史建造物とアートの複合施設

香港法定古蹟に認定されている旧中央警察署、中央裁判司署、ヴィクトリア・プリズン。16世紀半ばの英国統治下に建設された建物は古き時代の趣を残し、セントラルの中心的建物として人々の記憶に刻まれてきた。その建物群をスイスの国際的建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン設計によりアートとレジャーの複合施設として新たに再生させるプロジェクトが現在進行中だ。完成は2016年後半を予定。香港の歴史と現代アートをミックスした新名所の出現が待ち遠しい!

住所:10 Hollywood Rd., Central

Kau Sai Chau Public Golf CourseKau Sai Chau Public Golf Course 滘西洲公眾高爾夫球場
滘西洲公眾高爾夫球場

自然豊かな西貢で楽しむ
絶景ゴルフコース

西貢の美しい海岸沿いに位置するゴルフコース。香港で唯一の公共ゴルフ施設で、3つの18ホールゴルフコースを完備している。そのうち2つのコースは南アフリカ出身のゴルフ界の重鎮ゲーリー・プレーヤーによるデザイン、もう1つはネルソン・アンド・ハワースによるもので、ゴルフファンの心をくすぐるチャレンジングなコースを存分に楽しむことができる。ショートコースももちろんあり。飲食施設やゴルフショップも併設されているので、各種イベントにもおすすめだ。

住所:Kau Sai Chau, Sai Kung
電話:(852)2791-3388
ウェブ:http://www.kscgolf.org.hk

Pocket
LINEで送る