ホンハム(紅磡)特集4・日常、出張、観光で使えるスポット

2014/08/06

広州へGO!東莞へ

まだまだ割安!広州東駅付近の魅力に迫る

中国・深センと香港を結ぶ東鉄線(イーストレールライン)の終点がホンハム(紅磡)駅。広州とホンハムをつなぐ直通列車も運行されており、これを利用すれば広州や東莞への日帰り旅行やゴルフも楽しめる。日常、出張、観光の3つのシーンで使えるホンハム駅と広州のお役立ち情報をお届けしよう。

さらにこの土地の魅力を伝えるために、広東省で不動産経験も長い、オフィスが広州東駅に構えている「ミドリハウス」のマイクさんにインタビューした。

広州東駅周辺の魅力はどんなところですか?
何と言っても立地が最高ですね!地下鉄1号線&3号線が通っていますし、和諧号を利用すれば、深センや東莞、香港への移動が楽なので出張や週末旅行に行くのに大変便利だと思います。また、白雲空港へも車で30分!広東省のハブと言っても過言ではないと思います。

不動産に関してはどうですか?
広州東駅付近には、ホテルやサービスアパートメントが数多くあります。家賃は年々上がっていますが、それでも現在開発が進んでいる珠江新城に比べればまだまだ割安と言えるでしょう。

そうなんですね!では実際に生活するとどうですか?不便な点はないですか?
不便な点…。特に思いつかないですね。買い物もとても便利なんですよ。イオンも駅に直結していて、その中にはモスバーガー、元気寿司、ペッパーランチ等の日本でもお馴染みのレストランが入っています。また、日系企業のオフィスもこの付近に数百社あるんですよ。そのため、日本料理屋や日本のものを取り揃えているコンビニ、日系ヘアサロンがあったりと日本の方には生活しやすい環境が整っているんです。

へぇ~!ちょっと住みたくなってきちゃいました。機会があればまたお部屋も紹介して下さい!ありがとうございました。

ミドリハウスのマイクさん

香港へのアクセス抜群、週末ゴルフも楽しめる東莞市常平
知っているようで知らない東莞。日本人でも住みやすい?食事や娯楽は?アクセスは?常平に住んで11年というKさんに、そこでの生活を伺った。

常平の魅力はどんなところですか?
まずは、アクセスの良さでしょうか。香港や深センへのアクセスが大変便利ですね。仕事でよく香港へ行くんですが、時間が合えば直行電車、合わない場合は本数の多い深セン行きの電車に乗っています。バスもあったりと都合に合わせて利用できるのが嬉しいですね。
住み心地はどうですか?普段の生活は?
常平はとてものどかでいいところだと思います。家賃も広州や深センの1/3くらいですしね。RMB1,200くらいで2LDKの部屋を借りられます。食事に関しては、日本料理や西洋料理を食べられるレストラン、カフェなどもちゃんとあるので特に困ったことはないですね。ブランド品を買うことができないのが少し残念ですが、そんな時は香港へ行けばいいですしね。あとは、DVDが安いです!偽物も多いので注意が必要ですが。とりあえず一度来て頂ければと思います。
常平のおすすめスポットを教えてください!
おすすめスポットですか…。何もないのが魅力な街なので…(笑)。私は趣味がゴルフでして週末はよく楽しんでいます。家から車で7、8分で行けますし、香港に比べ少し割安です。ゴルフが好きな方にはおすすめですね。
外食もしやすそうだし、1人暮らしの男性でも住みやすそうですね!ありがとうございました。

「樟木頭」駅から行ける森林公園
広東観音山国家森林公園

広東観音山国家森林公園

日帰りトリップに最適、樟木頭にあるのが「観音山国家森林公園」だ。緑豊かな清々しい空気に満ちている公園に着いたら、入り口から観音山の途中までカートに乗って進み、階段を登って山頂を目指す。頂上には、とても大きな観世音菩薩像が鎮座している。高さ33メートル、重さ3,300トンの花崗岩で作られている!言い伝えによれば、観世音菩薩がはじめて降り立ち、留まったとされるのが観音山のあった場所だったとか・・・。山頂にある古寺は唐時代に建て始められたとされている。千年以上に渡り灯火とお香が絶えることなく焚かれている。巨大な線香があったり、僧侶たちがいたりと、観音山らしい風景が垣間見れるのもここの特徴。この公園にしかない趣は、心身のリフレッシュにもピッタリ!

広東観音山国家森林公園
住所:東莞市樟木頭鎮筆架山大道 観音山国家森林公園
電話:(86)769-8779-9666
ウェブ:http://www.guanyinshan.com
アクセス:「広州東」駅から「樟木頭」駅は動車組で約30分。徒歩で「天和百貨」バス停へ、「樟木頭1外環」乗車、「樟木頭中学」下車、徒歩で公園へ

深センよりも料金お手頃!東莞のゴルフコース
東莞中信常平ゴルフ場

東莞中信常平ゴルフ場 ゴルフコース

「中信常平ゴルフクラブ」は豪州ゴルフ場設計会社「TWP」のピーター・トムソン氏によって設計された、18ホール国際標準のゴルフ場だ。中国における一流ゴルフクラブを目指し日々発展を遂げる同クラブは、人間味にあふれるサービスの追求に力を入れている。香港や深センからのアクセスに優れていながら、深セン近辺のゴルフクラブよりもお手頃料金で利用できることがうれしい。コースは、もともとの地形を最大限利用しているのが魅力で、プレイヤーの忍耐力と判断力が試される。クラブ内には別荘風ホテルやクラブハウスがあり、レストラン、売店、バー、更衣室といった施設が整っている。

東莞中信常平高爾夫球会
(Zhongxin Changping Golf Club)
住所:東莞市常平鎮九江水
電話:(86)769-8355-2999
予約電話:(86)769-8355-5888
ファクス:(86)769-8355-2666
メール:[email protected]

広州東駅の近くに
こんなところがあった!

九号行館

九号行館

「NO.9 SPA CLUB」は、広州東駅の目の前にあるSPA、「中泰国際集団」の出資によるインターナショナルタイプの「水中之城」――大型リラクゼーション施設だ。サウナ、マッサージ、飲食施設、休憩室、エステ、カラオケ、ネットルームからオープン型シアターに至るまでありとあらゆるリラクゼーションのための施設が集結している。「水文化」の理念のもと、ビジネスの商談、家族集会、グループ団体での利用、社員の福利厚生などあらゆる活動の理想的な場を提供。肩の荷をおろし、一日の疲れを癒やすのにおススメ!ロケーションよし!健康によし!疲れを癒して快適な広州生活を送ろう!

九号行館休閑商務酒店
(NO.9 SPA CLUB)
住所:広州市天河区林和西路161号中泰国際広場4-7楼
電話:(86)20-2222-2818
ウェブ:http://www.spa9.net

香港と大陸深センを往来するには、羅湖に行かなければと思う方が多いではないか。実際、広州とホンハムを繋がっている1本列車があり、毎日利用する人も少なくない。一番早いホンハム発の列車は7時25分に発車して、約2時間で広州東駅に到着。東莞常平に途中下車ができる。一番遅いのは夜8時に発車する列車だ。

広州の誇り!人々の往来を見守り続ける
広州東駅

20世紀初頭より走り続ける「広九鉄路」の終点、広州東駅。1940年代、人や貨物を運ぶために作られた広州東駅の前身・天河駅は、線路2線と簡単な造りの小屋1棟のみだった。1950年代以降、線路は増え続け、ターミナル駅も増設された。加えて、1987年の第6回全国運動大会直前には往来がさらに頻繁になる。大会会場として天河体育中心が選ばれたためだ。駅ビルとプラットホームが新しく造られ、規模もグレードアップ。そして、1988年4月1日、正式に天河駅から「広州東駅」に名称を変更した。それ以来、深センの経済発展に伴い利用者も大量に増え、毎日人流15,000人以上、荷物1,500件以上、経由するトラック300両以上の一等駅(中国鉄道部より)へと成長を遂げた。

バスでも広東省へGO!!

広州東駅

ホンハム埠頭の近くでは大陸行きのバスも発車している。普段あまり利用客が多くないので穴場だ。広州までの直通バスはないが、同じ会社で経営している路線で広東省梅州市の五華客運駅まで運航している。

列車時刻表

ホンハム発バスの時刻表は下記ウェブをご覧ください。
http://www.gdhk.cn

Pocket
LINEで送る