中国税務・法務少人数セミナー「広東深秀律師事務所」深圳

2019/05/08

「従業員の税務及び社会保険」講演概要

中国の個人所得税及び社会保険の制度は一見すると日本とよく似ていますが、実務上は大きな違いがあるため、日本と同じように対応すると間違いが生じ、会社に大きな影響を与えることがあります。

本セミナーでは、中国の個人所得税及び社会保険の基礎を再確認し、中国現地法人の従業員に係わる個人所得税及び社会保険の実務上の注意点を解説します。

セミナーの内容は下記のとおりです。

(1)中国における従業員の個人所得税
①個人所得税の基礎
②個人所得税の実務の流れ
③個人所得税の実務上の注意点

(2)中国における従業員の社会保険
①社会保険の基礎
②社会保険の実務上の注意点

 

 

「従業員の採用と解雇のポイント」 講演概要

昨今の中国の労働環境は、労働者が労働仲裁を申し立てやすい法律環境の整備、労働者の権利意識の向上に伴う労務紛争の増加、労働者の高い離職率・転職率といった特徴をますます強めてきています。

また、近年の特徴として、会社移転や中国事業の再編・撤退などに伴う整理解雇または繰上解散など集団労務紛争事件の増加や、労務紛争における法律関係の複雑化と多様化が挙げられます。

その一方で、日系の現地法人は専門スタッフの不足や中国労働関連法規及び労働関連実務への知識と理解不足などから、数多くの人事労務問題を抱えており、その解決策に困っているのが実状と言えます。

本セミナーでは、中国現地法人が直面している様々な労務問題のうち、従業員の採用及び解雇に関する実務上の注意点を解説します。

 

 

ご案内

①従業員の税務及び社会保険(日本語、60分)
Profile Photo講師:フェアコンサルティング(上海)深圳支店 日本国公認会計士古矢義和大学卒業後、日本の大手税理士法人及び大手監査法人にて5年にわたり会計税務のコンサルティング・会計監査及び株式上場準備支援業務に従事。その後は海外に渡り、海外現地の会計税務のコンサルティング及び国際税務のアドバイザリー業務に従事。幅広い経験を活かし、日本及び中国の会計税務から上場企業の内部統制まで総合的な視点からアドバイスを行っている。日本国公認会計士。

 

 

②従業員の採用と解雇のポイント(日本語、60分)
Profile Photo講師:広東深秀律師事務所代表弁護士(中国師)尹秀鍾
代表弁護士、慶應義塾大学法学(商法)博士。西村あさひ法律事務所(東京本部)、君合律師事務所(北京本部)での執務経験を経て、2014年から深圳で開業、華南地域の外国系企業を中心に法務サービスを提供。主な業務領域は、外国企業の対中国投資、M&A、労働法務、事業の再編と撤退、民・商事訴訟及び仲裁、その他中国企業の対外国投資など。

 

費用:無料
対象者:日系企業の管理職、財務・人事・総務担当者
日時:2019年5月31日(金)15:00〜17:30(1部&2部、質疑応答時間を含みます)
場所:深圳市福田区深南大道4019号航天大厦A座610室
定員:12名(先着順、定員をオーバーしたお客様については別途ご案内いたします)
お問い合わせ・お申込み(メールアドレス):①[email protected](古矢)②[email protected](尹)

 

 

 

Book

「中国現地法人の労務管理Q&A」発売中

著者:尹秀鍾
日本語(287頁)
定価(本体3,000円+税)
慶應義塾大学出版会(TEL:81-3-3451-3584)
香港までの海外発送をご希望の場合は、 [email protected]まで

☆本誌をご覧になった方の初回相談については無料で対応いたします。

 

 


広東深秀律師事務所
住所:深圳市福田区深南中路2010号東風大厦905-906室
電話:(86)755-8346-0616
メール:[email protected]
ウェブ:www.shenxiulawfirm.com/

 

 

Pocket
LINEで送る