機器設備を徹底監視!昭和電機の「とらぶるレーサⅡPLUS」

2018/10/24

昭和電機は1950年に創業を開始。回転機器の技術を核に様々な製品と共に歩み続け、2000年以降は世界各国へと、同社の製品群の愛用客が増え続けている。日本人ならではの「真心」を添えて、世界各国の顧客に最適な製品、最適な納期での提供を続けていきたいと考え、「製造部門を持つサービス企業」を目指し、サービスという観点も大切に、お客にとことん寄り添う製造業を心がけている。この度は、昭和電機から、「とらぶるレーサⅡPLUS」という製品について紹介していただいた。

とらぶるレーサ_親機

とらぶるレーサ_子機 工場内の機器設備が何らかの異常に見舞われ急に停止してしまうと、生産活動に大きな支障をきたしてしまうことに。そうならないため、設備の点検は、日常しっかりと行うことが大切なのはいうまでもないが、高所、熱所、暗所や狭所に設置された機械は怠ってしまいがち。そんな問題を解決してくれるのが、今回ご紹介いただいた「とらぶるレーサⅡ PLUS」。子機1台で設備機器を24時間監視して異常があった場合に知らせてくれる。また接続しているセンサーのデータを設定した間隔で定期的に保存しているので、CSVデータで取り出すことができデータの“見える化”ができ、表やグラフなどにして分析をすることで、異常の予兆がいつごろからあったのか等を知ることができる。そのため、メンテナンスや点検を計画的に行う判断材料になる。

接続可能なセンサーの数は子機1台で温度センサー2チャンネルとその他のセンサーが6チャンネルの合計8チャンネルになり、また親機は子機10台まで接続ができるため、最大で80チャンネルのセンサーでの監視が可能。またパソコンで子機を100台まで接続できるソフトも用意しているため、監視をしたい機器が多い工場にも、対応可能だ。

Capture_昭和電機

子機と親機の接続は既存の社内ネットワークに接続ができるので、親機を管理室・警備室・工務事務所などに設置しておけば、設備の異常を事務所から監視する事が可能。「とらぶるレーサⅡ PLUS」で、24時間大事な機器設備を徹底監視!急な機器異常に慌てる必要もなし。日常点検しにくい場所にある機器のメンテナンスにお悩みの場合や、多くの機器を擁する工場には、最適ではないだろうか。まずは、お気軽に昭和電機までお問い合わせを。

 


Capture_昭和電機

昭和電機㈱ 海外営業部
住所:〒574-0052 大阪府大東市新田北町1-25
電話:(81)72-871-1511、香港(852)9763-0700、中国(86)156-2502-1100
ファクス:(81)72-870-7243
ウェブ:www.showadenki.co.jp
メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る