PPWビジネス通信 × アナシス Vol 5

2018/04/16

人事労務のアナシスによる誌上相談会

「4月に新規赴任してきました。人事労務上で気をつけることは何ですか?」

PPW:新しく香港・華南に赴任してきました。人事労務上で気をつけることはありますか?

IMG_1869

たくさんありますが、人によっても、企業や組織の成長ステージによっても気をつけるテーマは変わってきます。

もし海外が初めての方であれば「異文化」の中での働き方がまず最初のテーマとなるでしょう。責任の考え方、職務や時間に対する考え方、様々な違いを感じると思います。マネジメントをされる立場の方であれば異文化マネジメント、そもそもマネジメントとは何か?から始まる方もいらっしゃるかも知れません。

IMG_2019董事総経理 牧野祥子氏

労務上といえば、香港・中国では適用される労働関係の法律が日本とはもちろん異なります。中国では労働法および労働契約法、香港では雇用条例が日本の労働基準法に相当する法律です。人事労務上の課題の多くはボディブローのように後から効いてくるものが多いのですが、法律違反はすぐに企業の経営に影響しますので、基本的な法律知識の理解は必須です。たとえば「家族は何をしているの?」「結婚する予定は?」などの質問は、香港ですと差別条例に基づき訴えられる可能性もあるのです。

また、4月は多くの日系企業が賃金改定を実施しますので、赴任していきなり賃金改定を行わなければならない方もいらっしゃるかと思います。昨年のパフォーマンスを実際に見ていませんし、引き継ぎも時間が足りなかったりでお困りのお声もよく伺います。評価もそうですが、そもそも当地の賃金の仕組みも理解しておく必要があるでしょう。日本ではまだ多くの企業が「職能給」の考え方で、能力をベースとした人事制度であるのに対して、香港・華南は職務・役割をベースにした「範囲職務給」が一般的です。職務・役割をベースにすると本来「年功給」は採らないのですが、一部の日系企業では運用してしまっているケースもあります。

新規赴任者向けには香港日本人商工会議所がセミナーを開催していますのでご参加をお勧めします。また弊社アナシスでご用意しているのは、異文化マネジメントを学ぶ赴任者向けのマネジメントワークショップ、香港の雇用条例をはじめとした雇用関連条例の大枠を理解する講座、評価やそのフィードバックを学ぶもの、中国労働法や中国での採用、評価を学ぶものなど様々な講座・研修を有料・無料でご用意しております。是非ご活用ください。

●赴任者向けマネジメントワークショップ(2時間)<香港>
異文化マネジメントのヒントと現地必須の知識をお教えします。
新規赴任者の方は是非ともご参加ください。
【日時】5月18日(金):16:00~18:00
【費用】アナシス香港ご契約企業様無料・非ご契約企業様HKD300-

●フィードバック講座(90分)<香港>
フィードバックとは、情報伝達のためのティーチング的なアプローチと、
振り返り・立て直しのためのコーチング的アプローチの2つを包含する
コンセプトの人材育成の一手法です。耳に痛いことも伝えねばならない
管理者の方へ、このフィードバックの入門編をレクチャーします。
賃金改定時にも活用できるものにします。
【日時】5月10日(木):16:30~18:00
【費用】アナシス香港ご契約企業様・非ご契約企業様ともに無料

いずれも講師は黒崎幸良(アナシスグループCEO)、開催場所は弊社会議室です。

Photo③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「雇用条例ガイドブック」発売中
A4判・日本語
香港ご契約企業様:1冊目無料
2冊目以降HKD300/冊
非ご契約企業様:HKD500/冊
内容:香港の雇用条例・休日条例・労働者災害補償条例・差別条例・強制退職積立金(MPF)条例・個人情報保護条例・職業安全衛生条例・最低賃金条例・台風豪雨警報時の出退勤ガイドライン・雇用に関する調停・裁判の仕組み

※お問い合わせ・書籍ご購入お申込み等はアナシス香港の牧野までご連絡ください。([email protected])

アナシス香港では、弊社発行の「雇用条例ガイドブック」の講座を毎月無料開催しています。香港の最新の条例改定動向を含め、雇用に関連する各種条例のポイントを解説していますので、是非ご参加ください。

Anaxislogo

 

 

 

 

 

住所 : Suite 8, 12/F., Tower 2,China Hong Kong City,33 Canton Rd., TST
電話 : (852)2180-2005
メール:[email protected]
ウェブ:www.anaxis-asia.com

Pocket
LINEで送る