PPWビジネス通信×アナシスVol3人事労務のアナシスによる誌上相談会

2018/02/27

PPW:年に1回の賃金改定のフィードバックをしたいのですが、初めてなのでどうしたらいいか分かりません。どうすればいいですか?

Photo ①董事総経理 牧野祥子氏

誌上相談会3回目は、評価面談についてです。赴任されてすぐの評価で、全くこれまでの行動を見ていない中でのものは、前任の評価を信じてその内容をフィードバックして理解を得るしかなく、どんなに反論されても説得は難しいかも知れません。ある意味、人事には言い切りも必要です。次の節に記載の準備を前任者にしっかり聞いてから面談してください。

一方初めてでも、ほぼ1年間の評価期間マネジメントしてきた場合、次の準備をして面談に臨んで下さい。その事前準備とは、(1)評価基準のある目標(2)日々のマネジメントと事実データ(3)評価結果とそこへいたる論理(4)個々の賃金情報とマーケットプライスの把握(5)個々のミーティングシナリオ(6)次期目標案(7)その他のマネジメントスケジュールです。

そして、十分な面談シナリオを用意した上で面談に臨みます。評価面談の目的は、「その期間での仕事の評価について話し合い、双方の認識を一致させる」「メンバーの成長のための目標や課題を明らかにする」「評価結果としての新しい待遇を知らせる」の3つです。

面談には6つのステップがあります。(1)アイスブレークしてから面談目的を知らせる(2)期初目標を本人に確認する(3)部下の自己評価を聞く(4)上司の評価を論理的に説明する(5)一致点とズレのすり合わせ(6)今後の課題を確認する。賃金の提示がある場合はこの最後がいいでしょう。

まず(2)で当初の約束を本人に思い出してもらい、自分の口から話してもらいます。「まず評価結果だが、Bだ」などと上司が結論から話すのは、ここでは避けたいところです。上司と部下の評価はずれているのが残念ながら普通です。評価が一致しているとすれば、それは日常のマネジメントがよくできているということです。目指すべき状態ですが、なかなかそうはなりません。

上記の様なステップを踏みながら、部下の言い分をしっかり聞いてあげる事が大切です。

そこへの理解を示しながらも、目指すべき目的や目標に戻って説明し納得してもらう。納得出来なくても、少なくとも理解はしてもらうことを目指す事になるのがこの面談です。

期初の目標設定が本当に重要なのだと改めて気付くのも、日頃のマネジメントができていなかったなと困るのもこの時期です。1年に1回の真剣勝負ではなく、毎日のマネジメントが真剣勝負なのです。

この面談一つで、人が残るか去るかも決まる事があります。その意味では本当に真剣勝負。ただ、評価は処遇決定だけが目的ではありません。部下の能力開発という大事な目的もあります。また、日々の評価は「目標達成への軌道修正」という役割もあります。この三つの目的を考慮して、面談してください。

アナシス香港ではこうした評価についてのアドバイスの他、評価者研修や評価制度構築のサポートをしておりますのでお問い合わせ下さい。

●中国総経理の王鋭による評価者研修(中国語)
個別企業に合わせてプログラムをご提案しています。

●評価者研修(日本語)
・ご契約企業様向け公開評価者研修
・講師:黒崎幸良 アナシスグループCEO
2018年3月2日(金曜日):14:00~18:00
・費用:アドバイザリープラン HKD900/名
   エントリープラン  HKD1,800/名
(ご契約企業様のみの研修になります。個別企業向けもご提案しています)

Photo③

「雇用条例ガイドブック」発売中
A4判・日本語
香港ご契約企業様:1冊目無料・
2冊目以降HKD300/冊
非ご契約企業様:HKD500/冊
内容:香港の雇用条例・休日条例・労働者災害補償条例・差別条例・強制退職積立金(MPF)条例・個人情報保護条例・職業安全衛生条例・最低賃金条例・台風豪雨警報時の出退勤ガイドライン・雇用に関する調停・裁判の仕組み

「雇用条例ガイドブック」講座
2018年3月8日(木曜日):16:30~18:00
講師:牧野祥子
費用:香港ご契約企業様・非ご契約企業様ともに無料です。
※お問い合わせ・書籍ご購入お申込み等はアナシス香港の牧野までご連絡ください。([email protected])

アナシス香港では、弊社発行の「雇用条例ガイドブック」の講座を毎月無料開催しています。香港の最新の条例改定動向を含め、雇用に関連する各種条例のポイントを解説していますので、是非ご参加ください。

Anaxis

住所 : Suite 8, 12/F., Tower 2,China Hong Kong City,33 Canton Rd., TST
電話 : (852)2180-2005
メール:[email protected]
ウェブ:www.anaxis-asia.com

 

Pocket
LINEで送る