世界初のハローキティポップアップースーパーがOPEN

2017/07/11

米国の厳しい貿易政策と不利な通貨条件や先行きの不透明性などの要因により、今年の工業部門は3~4%下落し、それに伴って奮闘する小売業界も、ここ3年ほどは不調が見込まれている。

170125-yata2

小売管理連合のトップ、Thomson Cheng Wai-hung氏曰く,「小売部門の今年の見通しが厳しいというのは皆の共通した認識です。」ここ4年の推移から、Cheng氏は小売売上高の低下は昨年の8.1パーセントより少し穏やかなものになるが、小売消費額は観光客の減少により落ち込み、中国元の勢いは弱まる、と予測している。

Cheng氏は米国の金利引き上げに伴い強さを増す香港ドルと、下落する中国元に言及し、本土の人々が香港での買い物に積極的でない要因を述べた。米中間で行われるであろうより厳しい貿易政策はかなりの規模の取引になり、香港にも影響を及ぼすことは必至だ。

厳しい状況を改善するため、Cheng氏は古典的な販売形式に慣れた香港の小売業者に国境を越えた電子商取引プラットホームを利用するよう呼びかけた。「我々が必要としているのはより多くの顧客層です。小売業者は香港以外の顧客を獲得する努力をしなければなりません。」と述べた。今年、同連合が推進する重要事項の1つは、ローカル企業のオンラインスキルを向上させることであり、若い世代の顧客を引き寄せるため、ローカルブランド企業は国際化競争の波に乗って技術強化に務めるべきだと述べた。「この10年、本土からの購買層の対応に追われて取り組む余裕が無かったため、結果として今香港は電子商取引に関して非常に遅れていますが、これは今後我々が取り組むべき事業です。」本土で普及しているe-コマースプラットフォームを使えば、需要ある香港のローカルブランドは中国本土でも売上を見込めるとCheng氏は言う。

10ls8p2z

同連合はサウスモーニング・チャイナを傘下に持ち、本土の電子商取引大手であるアリババ・グループと共同で、今年後半にも小売業者のための事業に取り組んでいく。

停滞気味な経済状況の中、2016年のスーパーマーケットの売上は前年度0.6%増と健闘。デパート・チェーンのヤタグループは、不景気でも食いしん坊な香港人は美食を求めるであろう、という楽観的見解から、今年1億5千万香港ドルを投資してスーパー3店舗をオープンさせることを決め、中でも西環のアウトレットにある200種以上の商品を揃えた、世界初のハローキティをテーマにしたポップアップスーパーマーケットに注目が集まっている。

YATA(西環)
住所: Hong Kong plaza, 188 Connaught Road West, Sai Wan
時間:9:00~21:30
電話:(852)2983-8336

Pocket
LINEで送る