365 Days Exhibition 香港にあなたのお店つくりませんか?

2017/06/28

Aqua Plazaでは、香港への出展・出品サービスを行っている。
展示会に出品したが、なかなか契約までには至らなかった、
一度は取引できたが継続取引できなかったなど、悩みを抱えている人はいないだろうか。
そんな経験をお持ちの方に、Aqua Plazaが行う、取り組みについて紹介しよう。

Aqua Plazaとは
これまで販路開拓や海外小売りを模索して、展示会に出展された企業から「展示会の数日だけで終わるのではなく、継続してブランドを香港市場に認知してもらう機会、そして小売りに繋げたい」との相談を受けてきたAqua Plaza。また、香港のディベロッパーから、「今の香港はどこのショッピングモールも似たり寄ったりの企画、商品・ブランドで目新しさ、楽しさにかけ、何か目新しい企画やショップスタイルを考えることはできないか」との要請があり、D2placeと協力し、日本商品専門百貨として2014年に開店した。現在では、屯門、尖沙咀、茘枝角の3エリアに展開。これまでにない新しいスタイルで日本の個人事業主からブランドメーカーが継続した情報発信、小売り、卸売り、ネット販売(Yahoo!香港提携)の機会を提供している。取り扱い商材は、ファッション、雑貨、伝統工芸品、食品、スイーツ、美容健康食品、生活用品。

Aqua Plazaの特徴
Aqua Plazaでは、日本からの輸送、現地での販売。商談サポート、香港流のディスプレイアレンジ、プロモーションなどワンストップで行うことが可能。
コンセプトは、「カワイイ・楽しい・新発見」で香港の顧客への日本のトレンド基地としての一面と、「365日エキシビジョン」という日本企業への出店相談や商品の販売促進、マーケティングサポートをインターネットサービスとして提供している。日本企業と香港730万人の顧客、香港人のみならず、各国から来港するバイヤーをマッチングして少しでも多くのビジネス機会を創造している。

香港での日本商品流通の現状
香港では、日本商材はあらゆるものがここ数年で流通しており、よほどのブランドや特徴的なものでないと、売り込みに行っても、大手小売企業のハードルは高く、取引条件が厳しくなったり、流通過程において中間業者に依頼することで、納品価格が低くなり売り手には不利な状況に置かれているのが現状だ。また、日本企業と海外企業との直接取引に関しての英語・中国語などのコミュニケーションの障壁、運送費用、輸出入に関わるライセンス等の諸経費の明確化ができないために、見積書すら作れないケースもある。

Aqua plaza

Aqua plaza

D2place茘枝角(ライチーコック) 本店

D2place IMG_2842

「学生からバイヤーまで幅広い年齢層が来店」
約630平米(約190坪)のスペースに「カワイイ・楽しい・新発見」のコンセプトをもとに、現在約2,000種類のアイテムを販売。オフィスビルや住宅が密集している地
域のため、日中は子ども連れの主婦層、お年寄りの来客が半分を占め、アパレルや雑貨、食品、キャラクターアイテムの購入が多い。平日は特にオフィス勤務の20代前半~50代までのワーカーが休憩時間に買い物に来たり、帰路に付く前の買い物客の来店も目立ち、スイーツや飲料品、日用品雑貨、駄菓子なども人気の商品となっている。

HANDショッピングモール 屯門(チュンムン)店

屯門店

「人口約49万、香港最大のベッドタウン」
日本で今流行の雑貨ショップ&カフェのコラボレーションショップとして運営。屯門(チュンムン)は香港最大級の住宅地で、中国大陸に近い立地なのでの中国人観光客、香港へのローカル顧客への販売するのには好立地となる。屯門店には中にカフェエリアがあるため、買い物してそのままランチ、コーヒーを楽しむお客様、子供連れの主婦層も多い。また、帰宅前の学生やOLが来店し、スイーツやお菓子、アパレル雑貨、生活雑貨などの購入もよく見られる。

このように、Aqua Plazaでは、日本製品を簡単に香港に出展ができる仕組みを提供している。
品質・機能・デザイン性の良い、日本製品を香港でも展開したい方は、まずは気軽に問い合わせをしてみよう。

ウエブ:サービス概要 https://quapp.space/  
Aqua Plaza HP http://aquaplaza.com.hk/

お問い合わせ先
メール:[email protected]
LINE:@wqa8549y
電話:ショップ (852)2377-0255、オフィス (852)2370-3443

Aqua plaza

      Aqua Plaza
相談窓口 公式LINE

Pocket
LINEで送る