教 え て ! ニュースの活用方法 NIKKEI

2017/05/29

一番面白いのは「一番表と一番裏」
文化面にもじっくり目を通して
仕事にも生活にも広がりを

香港・華南地区をはじめ、海外で活躍する日系企業の方たちに不可欠な情報源となっているのが「日本経済新聞 国際版」。今回はMeisei Hong Kong Limitedの小玉恒さんに、日経新聞の日常への取り入れ方と仕事や生活に活かす読み方のポイントを聞いた。

NIKKEI

日経新聞を読むことが仕事の流れの一部になっているそうですね
新聞自体は学生の時から日常的に読むようにしていました。日経新聞を読むようになったのは、社会人になってからです。香港では毎朝届く日本経済新聞 国際版をオフィスで読んでいますが、日本への出張時にも駅の売店で購入して読んでいま
すし、場所に関わらずほぼ毎日欠かさず読んでいます。『日経平均と円・ドルダービー』にも良く応募しました(笑)。最初は書いてあることが読み切れず、苦痛でしたけど、読めるようになると面白いですよね。日経新聞を読むことは、仕事の中で自分のルーティーンとして身についている習慣です。ニュートラルな情報を発信しているという安心感もありますし、読まないと何だか気持ち悪くて不安になってしまうかもしれません。

普段どのような読み方をされていますか。
平日は毎日、昼休みの時間を利用して紙版を読んでいます。経済のニュースや株価など、社会人として必要な情報として一通り目を通し、社会情勢を把握するようにしているのは勿論ですが、私はまず記事を読む前に、必ず紙面下の広告部分を見るんです。本や雑誌の広告などが掲載されていますよね。経済だけじゃなく芸能関係のものもあったりしますが、タイトルや内容にその時々の世相が反映されていて興味深いなと思います。経済の本であったりとか、コンサルティングの本だとか、為替の本だとか、毎日多くの広告が載っていて、中にはすぐその上の記事とは正反対のことを言っているタイトルだったりすることもあって面白いです。実際にその広告を見て購入した本もあります。

文化面にも注目されているそうですね。
読んでいて、また見ていて面白いな、と感じるのは1面と文化面、いわゆる「一番表と一番裏」だと思っています。1面のトップ記事はその日の経済社会のニュースのなかで読者に一番伝えるべき出来事として書かれていますから注目していますし、その横に定期的に掲載される連載記事もその時の経済や社会の流れに沿った読
みやすい記事で、テーマも面白いのでよくチェックしています。文化面は仕事には直接かかわる部分ではありませんが、必ず目を通しています。何で読んでしまうのかなと考えると、やはり著名な方々の生の声を読むことができるからだと思います。「私の履歴書」や「交遊抄」など、直接伺うことのできない著名な方々の話を知ることができるのは貴重ですよね。あとは私の好きな歴史についての記事が載ることもあって、そんな時は更にじっくり読んでいます。私にとって、楽しみながら知識を深めることができるのが文化面です。

貴社の事業についてお聞かせ下さい。
弊社は、株式会社明正が100%出資する海外拠点として2002年に設立されました。主に、中国と香港間、そして香港内の物流と倉庫管理業務、物流コンサルティング業務などを行っています。工業用部品を多く取り扱っており、部品もピース単位で管理するなど、日本企業らしいきめ細かなサービスを心がけています。現在、香港にある既存の冷凍倉庫を改装工事中で、この6月に香港食物環境衛生署よりライセンスを取得予定で、今後は冷凍及び冷蔵の食品も取り扱って行く予定です。日系の企業が自社で冷凍倉庫を持っているところはまだないと思うので、これからも香港内での人気が続くと思われる日本の食品を、「安心・安全」の日本のサービスで
取り扱う会社として香港内外のお客様に広く知って頂きたく思っております。また、弊社では、香港進出のお客様、すでに香港進出済で香港事務所のコスト改善を考えのお客様向けに、貿易書類作成、支払手続、政府関連書類その他雑用等、事務所運営の代行をするバーチャルオフィスサービスの提供も行っています。こちらの分野でも、今後は食品関係の会社にも是非注目していただき、サポート件数を増やしていきたいと思っています。

NIKKEI 2

明正(香港)有限公司
董事総経理
小玉 恒(こだま ひさし)さん

株式会社明正にて、商社での修行も含め日本での仕事に従事した後、2002年同社の香港事業所立ち上げのため来港。以降、現職。主に週末に活動している自身が所属
するバンドではドラムを担当し、月一回程ライブも行っているほか、ヴィンテージの時計集めも趣味。

MEISEI

明正(香港)有限公司
住所:suite 809-810, Shatin Galleria 18-24, Shan Mei St., Fo Tan, Shatin, N.T
電話:(852)2690-5203
ウェブ:www.meiseihk.com

日本経済新聞 国際版・電子版のお問い合わせは日経中国(香港)社まで
Tel: (852)2598-1771
E-mail: [email protected]

 

Pocket
LINEで送る