ITセキュリティの常識「サーバー停止を防ぐための注意点」TRE 尖沙咀(チムサーチョイ)

2014/02/18

ITの大黒柱(サーバー)が倒れてしまった

 

がんばるマリコのIT素朴な疑問

前回、2年連続の引越で不動産購入を余儀なくされたフジオ部長。最近の地価下落で、背負った大借金が心理的に負担となっているご様子。
マリコ:「フジオ部長、どうしたんですか?なにかお悩みでも?」
フジオ部長:「いや、先月誕生日でアラフォーになって、自分の寿命があと30年くらいではとか、運が悪けりゃ10年とか、いろいろ考えていてね。子供もまだ小さいし、不動産のローンも・・・。」
マリコ:「な~んだ。そのための保険じゃないですか。」
フジオ部長:「30代では保険なんて考えもしなかったから・・・。うちは大黒柱2本だから、家内の保険も・・・。」
トンデンヘイ:「家もですけど、企業の大黒柱も万が一の場合のことを考えておかないと。」
マドンナ・フジコ:「やはり大黒柱は社長かしら?うちの隣の会社、社長が愛人に刺し殺されてから、従業員たちが頑張ってたみたいだけど結局つぶれちゃったわよね。万が一に備えて普段から右腕を育てたり、組織が仕組みで動くようにしておかないとだめよね。」
S研究員:「ムフフフフッ。皆さんもう1つの大黒柱を忘れていませんか?」
マリコ:「え、もう1つ?」
S研究員:「業務がこれだけIT化されている昨今、日々の業務の中心の機械(サーバー)が突然動かなくなったら業務が止まっちゃうよね。」
広州のタムラ:「確かに!半年ほど前にお客様の業務システムのサーバが突然ダウン、それはもう悲惨でした。」
岩石先輩:「そうそう、タムラ君泣いてたよね。」

広州のタムラ:「まず、受注、発注、請求書などの入出力がすべてできない。在庫数もわからないので顧客対応にも支障、月末だったら本社への月締め報告もできないという事態になるところでしたよ。」
マリコ:「え~!日常業務が止まっちゃったんですか?」
広州のタムラ:「普通は故障部品を取り替えれば、復旧するけど、なにしろ機種が古すぎて、部品がどこにもない。結局、バックアップのデータを代替機に引っ越すこす羽目に。」
カメヤマ先輩:「でも、代替機があったのは不幸中の幸いでしたね。」
広州のタムラ:「おまけに、バックアップしていたデータそのものに問題があり、一部復旧不可、今度は動かないサーバからハードディスクまで取り出し、やっと見つけた同じ型のサーバでデータを取り出し、ようやく復旧へ。さすがに1日の作業ではすみませんでしたよ。」
カメヤマ先輩:「データが復旧し、最悪の事態を避けられたけど数日間業務が止まると影響は甚大だね。」
フジオ部長:「保険は万が一の事態が起きてからの補填、むしろ予防処置こそ大切。お客様には特に下記のようなことに常日頃から気をつけるようお願いしているんだよ。」

業務の大黒柱(サーバ)停止を防ぐための注意点10か条

マリコ:「停止させないためには結構沢山やることがあるんですね。人間相手のほうがよっぽど簡単ですね。」
フジオ部長:(だから、人間も簡単じゃないって・・・。)
岩石先輩:「コンピュータは普段は文句ひとつ言わず黙々と徹夜でも作業をこなしてくれるけど、壊れるときは突然だから日頃のケアが大切だね。」

マリコの教訓

「オフィスの要のサーバを止めると会社の動きが止まる。防止するには案外色々チェックしておくポイントがあるので普段から専門家のアドバイスがもらえる体制があれば安心。」

TRE

タイムライズエンジニアリング
董事長 上野隆(ITコーディネーター)
Suite 401, Tower 1, Silvercord,
30 Canton Rd., TST, KLN, Hong Kong
Tel: (852) 2781-4113
Fax: (852) 2782-2707
Mail:[email protected]
Web:http://www.tre.com.hk
(↑バックナンバーはこちら)

Pocket
LINEで送る