「日本経済新聞国際版ニュースの活用方法」JACリクルートメント 松山元弘

2017/01/09

人材市場を左右する
経済の動きを逃さずチェック
解りやすいビジュアルデータ特集を愛読

香港・華南地区をはじめ、海外で活躍する日系企業の方たちに不可欠な情報源となっているのが「日本経済新聞 国際版・電子版」。今回は、JAC Recruitment Hong Kongの松山元弘さんに、日経新聞の日常への取り入れ方と仕事や生活に活かす読み方のポイントを聞いた。

松山元弘さんJACリクルートメント 香港
HK MNC チーム
松山元弘(まつやま もとひろ)さん
大学卒業後、かねてより興味のあった人材紹介会社、更に海外での就業も希望していたことから、海外に多くの拠点をもつ株式会社ジェイエイシーリクルートメントに入社。製造業や自動車業界への人材紹介業務に携わった後、2016年1月に来港。現在はJAC Recruitment Hong Kong にて、非日系のエンジニア及び製造業への人材紹介を中心に担当している。休日は職場のある中環(セントラル)の喧騒を離れた地元の静かな環境のカフェで、読書をしながらゆっくり過ごすのが楽しみ。

かつて、日経新聞に鍛えられたそうですね。
はい(笑)。入社当時、新聞発表といって毎朝その日の日経新聞の記事のなかで一つ自分でピックアップした記事について分析をしてそれを発表する、という研修があったんです。就職活動のためにと学生時代に読み始めた頃は書かれている言葉も解らないときがあって読むのにとても時間をかけていた記憶がありますが、その研修で苦労した分、私なりの新聞の読み方の基礎ができた気がしています。懐かしい思い出ですね。

現在は、普段どのような読み方をされていますか。
平日を中心に、朝出勤するときに携帯からトップニュースをざっと確認しています。自分が今担当している製造業界のことは勿論、お客様から頂く求人情報の裏側にはその企業の経営状態や、ひいては政治・経済のなんらかの動きが関わっていることが少なくありません。ちょっとした景気の悪化がダイレクトに採用の流れに反映されることが多いんです。そうなると、常に世の中の政治・経済の動きを体系的に理解している必要があります。ですのでニュースをチェックするときは、香港はじめ世界全体の政治的な動きまで俯瞰して見るように心がけています。あとは、フィナンシャルタイムズの記事も良く読むようにしているんです。これは、日本の新聞社とは違った視点で書かれている記事も読むことで、多角的にニュースを捉えるためです。

ビジュアルデータ特集によく目を通されるとか。
定期的に更新されているデータディスカバリーなどのビジュアルデータ特集を良く見ています。例えば、アメリカの大統領選に関わるものであったり、日本の起業家は育っているのか、など興味深いトピックがビジュアライゼーションされていてとても面白くまとまっているんです。特にニュース系のトピックは、字面のニュースだけをずっと追い続けているとふと全体像が見えなくなっていると思うケースが多々あって。例えば「起業家が増えている」とかよくニュースで見ますが、データで見ると実はそれほどでもなくて、むしろ他の国に比べればまだまだ少ないらしいんです。ということが、一目瞭然に解る、電子版ならではの特集だなと感じています。どんどん更新してほしいですね。

松山元弘さん日経電子版の良さはどのようなところですか。
まずは、経済新聞ということで、立ち位置というか、どういった視点で書かれているかが解りやすいところです。そして「今何が起きているのか」ということをぶれずにしっかり伝えている、信頼できる情報源だと思います。日本の経済の状況を適切に捉え、発信しているなと常に感じています。ですから研修などにも取り入れられたりするんでしょうね。私は、意識的に新聞だけでなく、様々なニュースサイトが発信している情報も取り入れるようにしていますが、どの業界の情報も洩れなく発信され、受け取ることができる日経電子版がやはり一番肌にあっていますね。

貴社の事業についてお聞かせ下さい
JACグループは、創立者が1975年に英国ロンドンで起業し、シンガポールに初めて拠点を立ち上げてから、その後日本、タイ、インドネシア、韓国とアジアを中心に拠点を広げ、現在では10ヶ国に25拠点を有する国際的な日系の人材紹介会社です。我々の強みは、各拠点間のネットワークを駆使したグローバルな目線での人材紹介が可能であると同時に、各求人によりマッチした人材を紹介できるよう、求人元から案件毎に詳細なヒアリングを実施したり、紹介後のフォローアップ体制をしっかりさせたり、といった日本らしいきめ細やかなサービスを全拠点で提供しているというところです。

そのなかでJAC Recruitment Hong Kongは2011年にオープンした事業所で、金融業界と日系企業、非日系企業をそれぞれのチームが担当し、アジアパシフィック地域のヘッドクォーターやセールスオフィスが多い、この土地ならではの求人市場に対応できるバラエティ豊かな優秀な人材を、香港内外の人材プールから紹介しています。

JAC Recruitment Hong Kong Co., Limited
住所:12/F., Asia Pacific Centre, 8 Wyndham St., Central
電話:(852)2585-6700
ウェブ:www.jac-recruitment.hk

日本経済新聞 国際版、電子版のお問い合わせは日経中国(香港)社まで
Tel : (852)2598-1771
E-mail : [email protected]

Pocket
LINEで送る