オフィス移転や セキュリティ対策はKDDIにお任せ!

2016/11/21

KDDIと聞いて、au携帯を思い出す人も多いかも知れないが、実はKDDI香港では、IT環境構築を中心にオフィス移転や構築のサポートや、セキュリティ対策を強化するサービスにも力を入れている。今回は任せて安心、「まとめてオフィスサービス」と「まとめてセキュリティサービス」を紹介する。

【香港のオフィス事情】
香港ではおおよそ3年に一度、賃貸契約更新がある。更新の度に、賃料の大幅値上げがある場合が多く、借主の頭痛の種になっている。また、物件オーナーによる強制退去もここ香港では例外ではない。そうなると、オフィスの移転を余儀なくされるのだが、オフィスの移転をするにも、時間や予算が読めない、物件探しが困難、内装工事の依頼先がわからないなど、多くの悩みを抱えることになる。オフィス環境についても日本とは違う。例えば、OAフロアは香港ではあまり存在しない。そのため、日本のような配線がなくフラットな床にしたい場合、LANを這わせるための溝を掘る必要がある。水や電気などのインフラ設備についても、契約がビルオーナーお抱えの指定業者が多く、調整に難航することも多い。そして、セキュリティ環境ともなると、違いが明白だ。日本では、社内にIT部を設置し、セキュリティ強化に努めている企業が多いが、香港ではセキュリティへの認識が違うため、強化があまり行われていないのが現状である。近年、サイバースパイグループ「Buckeye」からのサイバー攻撃の標的がアメリカから香港に変わるなど、対策が必要となっている。

 

社内だけで進めるのは不安…という人に安心して任せられる2つのサービスをご紹介!

まとめてオフィスサービスま

サービス

「まとめてオフィスサービス」は、移転のためのプロジェクトマネジメントをKDDI香港が代行し、内装工事からIT環境まで、引っ越しに必要な一連の業務をお客様になり替わりワンストップで行っている。

移転の際、オフィス構築を考えるうえで最も大事なことは、引っ越した翌日から前日の業務がスムーズに行えること。つまり、パソコンや電話、サーバーなどのIT関連が問題なく再設定されることが大切。LAN配線やサーバー構築だけではなく、入退室管理や監視カメラの位置などのセキュリティ関連もまとめて相談できる。内装においても「組織が活性化するオフィス造り」をテーマに、スタイリッシュなオフィスを提案。効率的な導線、コミュニケーションの取りやすいレイアウト、様々な種類の家具など、お客様の働き方も考えた提案を目指している。

 

まとめてセキュリティサービス

「まとめてセキュリティサービス」は、企業の情報セキュリティ対策に関して、現状分析、調査、対応検討、対策実施の一連の業務をKDDIが受け持つサービス。情報セキュリティ対策は、外部からの不正アクセス防止だけでなく、内部からの持ち出し情報の保護、情報漏洩の監視や防止、アクセス権限強化など、多面的に捕らえる必要があり、プロに任せるのがいい。情報セキュリティ対策は売上を生み出さないコストとなるが、情報漏えい時に大きな損害に繋がる。そのためリスクマネジメント対策として導入する企業も多い。

セキュリティ対策

お問合せは、下記電話もしくはメールまで

KDDI

KDDI HONG KONG LIMITED.
住所:Suites 1101-1103, 11/F, 1063 King’s Rd., Quarry Bay
電話:(852)2919-5244(月~金 9:00~17:00)
メール:[email protected]
担当:岡本、八木谷、溝口

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る