「日本経済新聞国際版ニュースの活用方法」キャンターフィッツジェラルド証券 根間尚志

2016/06/27

経済・社会における大事なバイブル
日経新聞電子版をフル活用して
公私に役立つ情報をゲット

香港・華南地区をはじめ、海外で活躍する日本人の方たちに不可欠な情報源となっているのが「日本経済新聞 国際版・電子版」。
今回は証券アナリストとして活躍する、キャンターフィッツジェラルド証券香港支店マネージングダイレクターの根間尚志さんに、日経新聞の日常への取り入れ方と仕事や生活に活かす読み方のポイントを聞いた。

根間尚志キャンターフィッツジェラルド証券 香港支店
マネージングダイレクター
根間尚志(ねま なおし)さん
2012年11月来港。キャンターフィッツジェラルド証券のアジア調査部部長で、本人も日本の通信やインターネット関連の会社を担当する現役証券アナリストとして活躍中。趣味は最近始めた合気道。忙しくてたまにしか顔を出せていないそうだが、合気道に求められる「力をそらす」運動は常に力を抜く必要もあるため、平日の緊張をほぐすリラックス効果もあるのだという。

電子版で日経新聞を読む事が多いそうですね。
はい。毎朝電子版を主にPCで読んでいます。日中はスマホで速報を見ることもあります。ただ中には紙じゃないと見れないものがあって。それは広告なんですよね。今世の中では何が流行っているのか、など、トレンドを知る為に広告を見るようにしているのですが、これに関しては紙の体裁のものを見る必要がありますので、こちらは通常のニュースとは別に、紙面ビューアを使って見るようにしています。

普段、どのような読み方をされていますか。
仕事柄、まずマーケット欄をチェックしていますね、そして我々アナリストにとって、担当している企業の株価に影響を与えそうな記事や重要度が高いトップ記事は勿論、例え中面であっても見逃すわけにはいかないので注意しながら読んでいます。あとは現在、オフィスには日本人が私1人ということもあって、同僚から日本全般のニュースを聞かれることも多いので、一通りのニュースは把握しておくようにしています。

「Myニュース」を活用しているそうですね。
はい、まずニュースについてはキーワードに「香港」を登録しています。香港でなにか起こったときにはやはり日本語でニュースが読みたいんですよね。あと、連載やコラムも登録上限の50個ギリギリまで登録して読んでいます。そのなかでもよく読むのは豊島逸夫「金のつぶやき」でしょうか。彼はもともと金の専門家だと思うのですが、株為替金に関してもまんべんなく語ってらっしゃることが多くて、相場の見方なんかも参考になります。あとは、「Financial Times」や「迫真」、もよく読んでいます。「迫真」はルポタージュなんですけど、これは日経の記者じゃないと書けないだろうなと思いながら読んでいます。その他には「大機小機」や、「習政権ウォッチ」や・・・。とやっていたらあっという間に50個になってしまいました(笑)。でも、どれも仕事の合間でふと一息ついた時なんかに面白く読ませてもらっています。

その他に仕事以外で読まれる記事はありますか。
年齢的にも健康が気になるということもあって、健康情報サイトの「日経Gooday(グッデイ)」を雑誌を読む感覚で楽しく読ませてもらっています。一汁一菜がいいんだなーとか、勉強になる事も多いです。なかでも「私の『カラダ資本論』」のGMO熊谷社長の記事はとても印象に残っています。私より年齢が上なのにとにかく見た目もとても若いんですよね。実際、健康診断でも10歳以上若いという数字が出たりしているみたいで。食べ物や食べるタイミングにものすごく気を遣っていらっしゃって、「ストイックにやるとこんなに若くいられるんだ!」と驚きました。とても参考にはなりましたが、なかなか実践は難しそうです(笑)。

日経新聞が欠かせないと感じる時はどんなときですか。
常に、です。お金を出してまで購読する価値のある日本語ニュースは日経以外にはあまり多くないのではないかな、と香港で働くようになってからは特に感じるようになった気がします。日本語で香港の情報を経済的観点から得られるのもとても助かっています。あとは、ネットのニュースでは得られない質の高い情報を得られるので、そのニュースがもつ意味を考えたりするときや、調べ物がある時にも参考になりますね。やはり経済ニュースを把握する上で日経新聞は欠かせません。

引退してからも読まれるとか。
好きなんですよね、日経新聞(笑)。就職活動の時に初めて日経を手に取ったのはいいけれど、全然理解できずに読みきれなかったのが懐かしいです。今では株式アナリストとして大事な情報源ですから。あと、中立的な報道姿勢なので読んでいて疲れないのがいいですね。記事もビジネス関連が中心なので、物事をどう理解するべきかが解りやすいんです。うん、やっぱり引退してからも読むと思います。

貴社の事業についてお聞かせ下さい。
キャンターフィッツジェラルド証券は、現在、日本に支店がないため日本国内での知名度は低いですが、米国債プライマリーディーラーの1社で、グループ全体では世界60拠点に8,500名の従業員を抱える米系証券会社になります。主力事業は株や債権の仲介で、2001年9月11日の米同時多発テロでは従業員の約7割を失いながらも奇跡的に建ち直ったこととしても知られています。

根間尚志
Cantor Fitzgerald

Capital Markets (Hong Kong) Ltd
住所:6708-6712 The Center, 99 Queen’s Rd., Central
TEL:(852)3558-5546
ウェブ:http://www.cantor.com/

日本経済新聞 国際版・電子版のお問い合わせは日経中国(香港)社まで Tel : (852)2598-1771 E-mail : [email protected]

Pocket
LINEで送る