ソーシャルメディア・マーケティング新サービス「Let’s go Social!」

2016/03/14

日本国内最大手の総合PR会社ベクトル(東証一部上場)の香港現地法人であるベクトル香港が、
ソーシャルメディアを使った新しいサービス「Let’s go Social!」を開始した。

FacebookやLINE、微信などを利用した戦略的なマーケティングをたった3か月間で伝授してくれる。
確実に宣伝効果を上げる秘訣知ってあなたもSNSのスペシャリストに!

VECTOR1お店やレストラン、駅の構内や電車、バスなど、街中では場所を問わず至る所でスマホをいじる香港の人たちを見かける。同社の調査では、現在、61%の香港人がソーシャルメディアを利用しており、更にその人達は一日に4時間以上もソーシャルメディアに接続しているということがわかった。その中でもフェイスブックの利用は63%と最多だ。
その香港において、フェイスブックを使用した宣伝広告活動は非常に効果的といえる。しかし、少なくとも個人でアップロードするようなやり方では商品の良さを伝えるのはなかなか難しく、結果に結びつかない。フェイスブックユーザーの目に留まる、また心に残る宣伝をするためには、相応の戦略を練る必要があるのだ。
この度ベクトルが提供する新しいサービス「Let’s go Social !」は「顧客の目に留まるコンテンツを作るには?」「アップロードのタイミングは?」など、効果的な宣伝活動に必要なコツを得るためのアドバイスだけでなく、実施計画の作成から社内教育、レポートの作成までをトータルサポートしてくれる!本サービスを導入すれば、たった3ヶ月でSNSのスペシャリストとなり、ソーシャルメディアを広告コンテンツのひとつとして操ることが可能に!

VECTOR3O2Oキャンペーン例
〈クライアント〉 飲食店A
〈目的〉
●飲食店Aを、友達とカジュアルな場で利用するベストの場所との印象をつける
●飲食店Aとユーザーのエンゲージメントを高める
●スペシャルメニューのセールスをあげる
〈デジタルマーケティング戦略〉
●O2Oキャンペーンの告知を、店頭とファイスブックで同時に
●飲食店Aに2人以上で訪れた人に$100のクーポンを配布
●ベネフィット利用の為には、フェイスブックのファンになる必要がある
●また、スペシャルメニューのいずれかをオーダーしなければならない
〈キャンペーン結果〉
●スペシャルメニューのセールスがアップ
●キャンペーンローンチの2日間で、500エンゲージメントを獲得

O2Oとは?
「Online to Offline」 の略。 オンラインでのサービスを、実在する店舗(オフライン)での購買促進につなげる仕組みのこと。例えばフェイスブック(オンライン)で「『イイネ!』を押した画面を見せたら10%オフ」と呼びかけ、実際に『イイネ!』を押した顧客が店に足を運ぶ、という流れ。

実際、同社のサービスを導入した某飲食店で、上記のような戦略のもとO2Oキャンペーンを実施したところ、ターゲットメニューの売り上げがアップし、またキャンペーン中のエンゲージメントも多数獲得できた。このように効果的なSNSマーケティング戦略を実施することは、ロイヤリティを高めたり、SNSユーザーがブランドに対する知識を深め、ポジティブな評判が拡散するなどのメリットを得ることができる。

スタートアップ・プロモーション: 3月末までの申し込みでスペシャル料金に!
同社は今年3月より、香港進出サポート会社である香港BSと海外テストマーケティング支援サービス「TRY! HK」事業を開始した。
両社が持つソリューションが組み合わさることにより、より強固な香港でのマーケティングサポート支援が実現する!
■詳しくはこちらへお問い合わせください。

VECTOR2VECTOR GROUP INTERNATIONAL LIMITED
住所:Unit05-06, 13/F., Jubilee Ctr., 18 Fenwick St., Wan Chai
電話:(852)2528-5055/(852)5199-9947
メール:j- [email protected]  松本まで

Pocket
LINEで送る