「保険料の一括払いと分割払い、どっちが得か」Borderless Management & Investment

2013/12/18

保険料の一括払いと分割払い、どっちが得か

もし急に自分が死んだときのために残された家族が路頭に迷わないように入っておく生命保険。生命保険に加入するときに決めることはまず第一に家族にどのくらいのお金を残すか、つまり死亡保障の金額でしょう。そしてその保障を得るために今自分がいくら支払えるのか、という保険料の金額が主な検討材料になります。

保険料の支払い方法には一括払いと分割払いがある。家や車のローンと同じように一括払いだと支払い時の金額が大きくなるが支払う総額は分割払いで支払う合計金額よりずっと安い。では実際どのくらい違うのでしょうか?以下、40歳の男性(非喫煙者)が死亡保障USD500,000の生命保険に一括払いと15年の分割払いで加入した場合のプラン内容を比較してみました。一括払いの方が払込保険料総額でUSD70,110(約7,011,000円)も割安であり、20年後の概算解約返戻金もUSD25,582(約2,558,200円)多いです。一括で1,800万円以上の保険料を支払える財力があれば同じ保障を受けてもこれだけ有利な保険契約ができるということになります。しかし仮に保険加入後1年で被保険者が亡くなった場合、15年分割の支払いを選択していればUSD16,985の支払いでUSD500,000の死亡保障を受け取れるということでもあります。その場合の純粋な投資リターンは実に2943%、一括払いの場合は271%となります。保険には「当たりたくない宝くじ」という側面があることも忘れてはなりませんね。

保険料(一括・分割)

「中国・香港で働く人のための資産運用セミナー」開催のお知らせ

海外居住者である今のうちに加入しておくべき生命保険、減ってゆくことが明らかな年金をカバーする積立投資についてわかりやすく解説します。
12月28日(土)香港14:00-16:00 定員10名※参加費無料
講師:玉利将彦(Borderless Management & Investment Ltd. 代表)
参加ご希望の方は
メール:[email protected]まで。

 

Borderless ロゴBorderless Management & Investment Ltd.個別相談 Borderless

Flat E, 21/F., Block 1, Queen’s Terrace,
No.1 Queen St., Hong Kong
http://www.borderless-investment.com
お問い合わせは、
[email protected]
電話:+852-3626-2476

玉利将彦

Pocket
LINEで送る