ベトナムで求められている人材(QUICK VIET NAM CO., LTD)

2015/09/21

第2回 ベトナムで求められている人材

前回(8/28号)ではベトナムに進出している日系企業の状況を説明させて頂きました。製造業からベトナム内需を狙ったサービス業まで多岐に渡り、日本人求人も進出社数と共に増加していきます。また、それに関連する業界の求人も増える傾向にあります。
まず、ベトナムで外国人が就労する場合は「労働許可書」の取得(企業側の雇用主が申請)が法令で規定されています。労働許可書申請に必要な条件は①18歳以上、②健康である事、③大卒で必要な業務経験があること、④犯罪歴がないことになります。また、海外で働く上で「性格的な適応力・対応力・柔軟性・ストレス耐性」を求められる場合が多くみられます。それに加え「ポジティブ思考」も重要な要素になってきます。
募集職種としては製造業であれば、「生産管理、生産技術、工場長」などの管理マネジャーの職域などは恒常的にニーズがあります。その他アパレル関連の「縫製技術指導職」や「生産管理職」など経験を活かせる求人も増加傾向です。サービス業では「営業職関連」、IT業界での「ブリッジSE」などの技術職、会計士、外食経験者の店長候補など多岐になります。将来的には現地化を進めるプロセスで日本本社からの駐在員の人数を少なくする中で、ベトナム人管理者ではまだ担えない業務などを現地採用枠で募集している場合も多いです。
別の観点ですと中小企業の場合は出向させる人材が日本にはいないため、わざわざベトナム勤務前提での本社採用などベトナムでの経営管理募集などの求人もあります。進出する日系企業の業種も広がっているため、求める求人の職種も広がっている印象です。
例えば、まつ毛エクステンションの店長候補、学習塾の講師、自動車整備士、保育士などもご相談頂くこともあります。言語については、ベトナム進出されている日系企業の多くは社内公用語を英語としている所も多く、最低限の英語力は求められる場合も多くなっています。また、ベトナム語を話すことができる日本人は少ないですが、社内にベトナム人通訳者が居て、日本語だけで対応できる場合もあります。
欧米系の企業に部品を提供しているサプライヤーなどは英語・日本語の通訳・翻訳者の求人ニーズなどもあります。日本以外の国で最初に働くならば言語のハードルがあまり高くないベトナムは、経験を積むには良い国かも知れません。

古屋竹雄QUICK VIET NAM CO., LTD
General Director
古屋竹雄
1971年生れ。大学卒業後㈱クイック入社(東証一部上場)。人事コンサルティング等、約22年、人材サービスに携わる。同社部長職を経て、2012年4月からクイックベトナムの代表取締役社長就任(出向)。ホーチミン日本商工会理事(第一サービス部会2015年度部会長)

QUICK VIETNAM

QUICK VIETNAM CO., LTD
住所:Unit 610,6/F.,Me Linh Point Tower,2 Ngo Duc Ke St.,Dist 1,HCMC,Vietnam
電話:(84)8-3520-3039
ファクス:(84)8-3520-2800
メール:[email protected]
ウェブ:http://919vn.com

香港・中国での経験を活かす今週の注目求人案件は06ページと、クイックベトナムのウェブサイトをご覧下さい!

Pocket
LINEで送る