新しい関税企業信用管理制度1。広東君厚法律事務所

2015/06/01

【広東君厚法律事務所】
周軍偉◆顧問 周軍偉

中国の社会信用システムの構築および公平な市場競争促進に対応するため、中国税関は、新しい「企業輸出入信用管理制度」(以下「同信用制度」という)を導入しています。2回に分けて同信用制度について説明していきます。第一部では、まず新しい制度の概略と、信用等級の変更に注目します。
2014年12月1日より実施された同信用制度は、これまでの税関「企業分類管理」が変更され、企業認証の認定基準が厳しくなっています。また、ネット上での行政処罰情報開示に関して改正が加えられました。
同信用制度に関する主な規定には、「税関企業信用管理暫定弁法」(税関総署令第225号、以下「暫定弁法」という)、および「税関総署による『税関認証企業標準』の公布に関する公告」(税関総署公告2014年第82号)が含まれます。当該規定の施行により「企業分類管理弁法」(税関総署第197号、以下「旧管理弁法」)は廃止されました。

信用等級の変更及び各等級企業の管理措置
同信用制度は、税関登記企業の信用状況に照らして、認証企業(高級認証企業および一般認証企業に分ける)、一般信用企業および信用喪失企業(中国語原文は「失信企業」)に分類するようになります。「信用を持ち、法律を遵守している企業に利便性を与え、信用を喪失し法律に違反する企業に懲戒を課す」という原則に基づき、信用等級別の税関登記企業に異なる管理措置を適用します。各企業等級の管理方針・管理措置は、右の表のとおりです。(※認証企業とは中国税関が認証した経営者[AEO]を指す。)
同信用制度においては、認定基準の厳格化や、優良企業に対する優遇および管理の簡素化が注目されますが、問題企業に対する管理を強化するという意図があります。また、税関登記企業の輸出入額にかかわらず、これの信用認証認定を受けにくかった規模の比較的小さな企業にも、優遇措置のある上位の認定を受ける機会が開かれています。ただし、企業情報の開示や社内管理の厳格さが求められています。(続く)

信用等級の変更及び各等級企業の管理措置周軍偉顧問:実習弁護士、中級会計検査官、会計修士号取得。得意分野は、税関法、輸出入貿易、政府事務
協調、税法、融資など。2014年8月に広東君厚法律事務所入所。それまでの12年間、税関正科級幹部として、税関関連の部署を経験。税関検査、税関関税徴収などの分野においても豊富な経験をもつ。また税関部門の講師も兼任していた。税関部門による個人賞7回受賞。中山市青年ベテラン等栄誉を獲得。広州某国営企業の税務調査(企業の刑事責任の回避)を担当。普通貨物密輸嫌疑事件における陳氏側代理人(税関刑事調査機関による事件取消し)。広州市蘿岡某日系企業従業員の急死事件(労使両者和解)を担当。

広東君厚法律事務所広東君厚法律事務所 King & Land Law Firm
住所:広州市天河路101号興業銀行ビル14階
電話:4000-182-606(日本語・英語ホットライン)
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.kingandland.com

Pocket
LINEで送る