起業家ネットワーク「香港和僑会」オフィスオープン

2015/01/28

バーカウンター

起業する人たちのネットワーク「香港和僑会」が、みんなが集い情報交換ができるオフィスを昨年8月25日にオープンした。場所は、MTRチムサーチョイ(尖沙咀)駅から歩いてすぐの北京道と漢口道に囲まれたビル内。YMCAホテルの近くだ。

和僑会は、海外で起業する日本人が互いに助け合い、これから起業する日本人をサポートする組織として、2004年に香港で設立された。設立10周年を迎え、香港から始まった和僑会の活動はアジア各地に広がり、現在は、深セン、シンガポール、東京など28拠点で活動が行われている。香港和僑会では、会員向けに起業相談、経営相談、起業や事業拡大を資金面でサポートするベンチャーキャピタルなどの起業支援を行っている。また、毎月、海外で活躍する方を講師に招いて行っている定例会には、経営者や起業家だけなく、主婦や学生も参加する。

香港和僑会事務局次長の高橋正浩さんは、オフィスを開設した理由について、「会員が集まれるラウンジとして開設しました。ここにくれば、みんなに会えて情報交換ができます」と話す。

ラウンジ

オフィスには、フリーWi-Fiやファックス、コピー機が利用できる「共用スペース」や「図書館」「会議室」「BARカウンター」を備える。「図書館」はビジネス本から漫画まで様々な分野の興味深い書籍を取り揃え、会員には貸出しも行っている。

会議室

「会議室」は3つの部屋があり、部屋を組み合わせることで、少人数から56人まで対応可能。レンタル会議室としても貸し出している。「会員の方が定期的に勉強会をするときも、ここを利用することで、毎回会場が変わるジプシーにならずにすむようになりました」と高橋さん。窓辺にある「BARカウンター」は、仕事途中に寄ってコーヒーを飲んでリフレッシュしたり、仕事の帰りに一杯飲んだりできるスペースになっている。お店ではないのでセルフサービス。寄付されたお酒などを飲んで、次に何か持ってくればいい、というスタイルだ。

会員同士の交流等を目的に、会員が「趣味」や「特技」を披露するプチ講座も開催していく。プチ講座の先生も募集中だ。19時以降は香港人のアルバイトが勤務する。会員にとってアルバイトとの交流は、現地ビジネスで必要となる広東語に触れたり、香港の文化について聞いたりするいい機会となっている。

図書室

オフィスを訪ねて帰るとき、高橋さんから会員の方が運営するセレクトショップのチラシをいただいた。「いまセール中です。ステキなジュエリーなども置いてあるので、ぜひ訪ねてみてください」。オフィスは、会員が情報をキャッチするだけでなく発信する場にもなっている。

香港和僑会の活動に興味を持った方は、一度、オフィスを訪ねてみては?

香港和僑会
(NPO HONG KONG WAKYOKAI LTD.)
住所:Unit 329&330,3/F.,Hankow Ctr.,5-15 Hankow Rd.,TST
時間:月~金9:00~18:00(土・日曜、祝日定休)
電話:(852)2730-1055
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.wa-kyo.org
Facebook:http://www.facebook.com/hkwakyo

Pocket
LINEで送る