楊さちこ監修「温育じかん手帖」楊さちこ中医美容学

2015/03/17

ご存知のように、冷えは体に様々な不調をもたらします。肩こりや腰痛、頭痛といった痛みの症状、だるさや疲れやすさ、月経痛や月経不順など生殖器にかかわる不調、肌トラブルなど、本当に様々。冷えていると健康によくないのはもちろん、基礎代謝が低くなり太りやすくなるなど美容面にも影響します。

それだけではなく、冷えは心にも影響します。イライラしやすい、すぐに落ち込んでしまう、やる気が出ない、人と信頼関係を築くことができないなど、心のバランスを崩す原因にも。まさに「冷えは万病のもと」なのです。
現代人は生きているだけで冷えていくともいわれています。冷房や冷蔵庫は便利な反面、1年中体を冷やす原因になりますし、運度不足や食習慣の乱れなども、冷えにつながります。問題なのが、冷えは気づきにくいということ。あくまでも主観的なものであるため自身の冷えを自覚していない人もたくさん。
こういう時代だからこそ、温めることに積極的になって欲しいのです。
自分で気づいていなくても、冷えていると体や心は非常に緊張している状態にあります。それが温まるとフワッと解きほぐれます。今まで冷えを自覚していなかった人は体が温かいことの心地よさに驚いてしまうかもしれません。でも実は、それがあなたのニュートラルな状態。東洋医学ではこの状態を「中庸」といい、心身のバランスが最もよく、自然治癒力が引き出せる状態と考えています。
この手帖では、東洋医学の教えをベースに季節と心身を調和させながら、温かな“わたし”を育んでいく「温育」の方法をお伝えしています。
~項目~
・人生を温かくしよう。
・365日温育ライフスタイル
1年を通して実践したい温育のポイントを【衣・食・住】別に
ご紹介しています。
・自然と調和して温かく。
1年を24の季節に分けた二十四節気の温育方法もお伝えします。
・四季の温育
春・夏・秋・冬の温育ポイントを五行説と【食・動・心・休】別にご紹介し
ています。
・季節を楽しむ「七十二候」
・マンスリーカレンダー
月の満ち欠けアイコン付き
・ウィークリーカレンダー
隔週で二十四節気と温育ポイントをご紹介します。
・温育じかん おすすめの温泉12
・温育チャレンジとは?
・健康診断データをチェックしよう
・メモ
・監修者(楊さちこ)より
PPW読者様 プレゼント
今回ご紹介させて頂きました、楊さちこ監修『温育じかん手帖』を3名様にプレゼントさせて頂きます。
ご希望の方は「[email protected]」へメールをお送り下さい。件名に「PPW・読者プレゼント」、本文に「お名前、ご住所」を明記の上、ご応募下さい。
応募期限:2015年3月26日まで

楊さちこ

【楊さちこ先生のプロフィール】
1961年大阪生まれ。南京中医薬大学。中医美容教授・中医学博士。日本と香港・中国のアジアンコスメブームに火をつけた第一人者。アジア各地において商品開発から美に関するトータルプロデュースを手がけるほか、各地において美容セミナーを開き、「楊さちこ式美容メソッド」「脱ファンデーション」を伝え、幅広い年齢層の男女から絶大な信頼と支持を得ている。
楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト
Repeque®-レピーク
http://www.yo-sachiko.com
香港ときどき海外発!
中医学博士・楊さちこの『アジアンビューティ
まっしぐら』@アメブロ
http://www.asian-cosme.asia

Pocket
LINEで送る